神戸加入のビジャ、特筆すべきは「対応力の高さ」。FW受難と言われたスペイン代表のパスサッカーにも完璧にフィット

カテゴリ:Jリーグ

下村正幸

2018年12月02日

速さや強さより「巧さ」が特徴のストライカー。

ビジャ(左)の加入によって、イニエスタ(右)のパスがさらに凄みを増すのは間違いない。(C)Getty Images

画像を見る

 アンドレス・イニエスタに続いて、スペインのレジェンド、ダビド・ビジャのヴィッセル神戸への入団が決定した。

 イニエスタがスペイン史上最高の選手のひとりであれば、ビジャはスペイン史上最高のFWのひとりだ。ピチーチ(リーガ得点王)こそ獲得できなかったが、サラゴサ、バレンシア、バルセロナ、アトレティコ・マドリーといずれも名門チームでゴールを量産し続け、スペイン代表として歴代最多となる59得点を記録した。

 特筆すべきは、FW受難と言われたスペイン代表のパスサッカーにフィットしたこと。この事実が、ビジャの対応力の高さを示している。

 タイプ的には、DFの裏を取る一瞬のスピードとタイミングの良い動き出し、勝負どころで見せる高い集中力と、左右両足から放たれる正確かつ鋭いシュートが武器の生粋のストライカーだ。

 密集地帯でのテクニックや判断力の高さも出色で、小柄な身体をものともせずにDFと渡り合いながら、わずかな綻びを見つけては死角に入り、みずからシュートを狙うだけでなく、ワンツーやポストプレー、マークを引き付ける動きでチャンスをお膳立てする狡猾さも併せ持つ。
 
 バルサやスペイン代表では、リオネル・メッシやフェルナンド・トーレスを背後から黒子役としてサポートすべく、左サイドでもプレーするなど献身性も高い。さすがに全盛期と比べるとスピードや身体のキレは落ちているだろうが、もともとそうした「巧さ」に特徴があるタイプで、プロ意識の高さにも定評がある。

 名将ジョゼップ・グアルディオラが当時、「バルサに最適な人材」と判断して獲得に乗り出したように、ファン・マヌエル・リージョ監督が志向するパスサッカーには、まさに打ってつけのFWだ。

 イニエスタの針の穴を射抜くようなパスに、研ぎ澄まされたラインブレイクで呼応したビジャがゴールを仕留める――。スペイン代表やバルサで何度もファンを魅了したプレーが、まもなく日本の地で見られる。

文●下村正幸 text by Masayuki SHIMOMURA

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月9日号
    4月25日発売
    さらば平成──
    日本サッカー激動の30年史
    厳選20クラブヒストリーに
    巻頭では小野伸二が登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ