• トップ
  • ニュース一覧
  • 【釜本邦茂】日本にはルカクのようなFWは現われないのか? ベルギー戦は未来の指針になるゲームだ

【釜本邦茂】日本にはルカクのようなFWは現われないのか? ベルギー戦は未来の指針になるゲームだ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月03日

器用な選手は多いが、ゴールを奪うための明確な手段が見えてこなかった

酒井宏は攻守両面で奮闘を見せたが、ゴールを演出する働きはできなかった。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 もうひとつ私なりに今回のワールドカップで感じたのが、個の能力を育てるとともに、スペシャリストを作るようなトレーニングも必要なのではないかということだ。
 
 今回の代表もわりと器用なタイプが揃っていた印象で、飛び抜けて得点力が高いFWやピンポイントでクロスを合わせられるサイドアタッカーはいないし、ゴールを奪うための明確な手段というものが見えてこなかった。実際、日本は中盤の連動性の高さとテクニックに秀でている面はあって、それを武器によくゴールが生まれたけど、そればかりを追求していくと、やはり生粋のストライカーやサイドアタッカーは生まれてこない。
 
 ストライカーは普段からパサーにどんなボールが欲しいとか、こんなボールを入れろとか要求していくべきだし、逆にパサーはFWに合わせるために、キックのコントロールはもちろん球種や受け手との阿吽の呼吸にもこだわっていくべきだろう。
 
 これは何も育成年代の選手に限ったことではない。プロ選手だって普段からコミュニケーションをとったり、意識していなければレベルの向上など望めないだろう。
 
 日本代表が世界の強豪とあれだけいい試合をした後だけに、組織レベルではもちろん、個々のレベルでも、どうすれば自分たちは向上できるのか、みんなで考えていってほしいよ。
【関連記事】
【セルジオ越後】「惜敗」はなんの慰めにもならない。そこに差があることを認識しないと
「自己過信が招いた結末」「カガワは模範」仏メディアが日本代表のW杯を総括!【ロシアW杯】
【松木安太郎】2点リードという未知の世界に、日本代表は冷静さを失った
「日本は戦術的に素晴らしかった」ベルギー守護神が西野ジャパンの緻密さと決勝点の秘密を語る【ロシアW杯】
日本代表は強国ベルギーをいかにして追い詰めたのか。データが示す圧巻のパフォーマンス【ロシアW杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ