【釜本邦茂】日本にはルカクのようなFWは現われないのか? ベルギー戦は未来の指針になるゲームだ

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月03日

二枚替えをした相手が攻撃のリズムを変えた。あれが勝負のターニングポイントだった

193センチ・90キロという体格を持つルカク。強さとともにスピードも併せ持つストライカーに、日本の守備陣も最大限の警戒を見せた。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 ベルギー戦、日本は本当に良いゲームをした。もちろん、負けたのだから反省すべき点も多々あるわけだけど、2か月前に誕生した西野体制で世界3位の相手をあそこまで追い詰めたんだ。西野監督や選手たちは、称賛されてしかるべきだと思う。
 
 個の能力では圧倒的に分が悪いという下馬評だったが、前半は粘り強い守備でなんとか凌ぎ切り、後半立ち上がりに相手の虚を突いて一気に2ゴールを奪ってみせた。相手は前掛かりになっていたから、さらに3点目も奪えるチャンスもあったし、もし奪っていたら勝負は決まっていたかもしれない。

 
 日本は左サイドで良いコンビネーションを発揮していた。香川、柴崎の縦のラインを中心に、乾と長友が絡んで、テンポの良いパス回しでベルギーにプレスの的を絞らせなかった。本当にリズムよくハマった時には、ベルギーの選手もなかなかついていけなかった。一方で右の原口と酒井宏も抜群の走力で、攻守に安定感のあるパフォーマンスを見せていたし、原口の1点目のシュートは技術的にも見事だった。柴崎からのスルーパスを受けて、少し間を置いてシュートを打ったが、あの一歩を待ったことで、身体を右に寝かせて自分の態勢を整え、しっかりと抑えたシュートを打つことができたんだ。
 
 2点をリードした日本だが、ここから少し相手が攻め方を変えてくるようになった。 ベルギーは65分に二枚替えで長身選手をふたり投入して、劇的に攻撃のリズムを変えてきた。あそこがひとつ、勝負のターニングポイントだったように思う。日本は、その高さに対応しきれずに、2点を許して追いつかれてしまった。
 
 最後のカウンターを受けてやられた場面も、もうアディショナルタイムに入っていた状況で、CKにあれだけ人を割かなくても良かったはずだ。すべては結果論だから、そこは言ってもしょうがないけれど、ベスト8に行けるチャンスが大いにあった試合だっただけに、もう少し慎重さがあっても良かったかもしれないね。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ