【松木安太郎】2点リードという未知の世界に、日本代表は冷静さを失った

カテゴリ:連載・コラム

松木安太郎

2018年07月03日

プレッシャーのなかで戦った選手・スタッフには労いの言葉をかけたい

原口のゴールで先制した日本。良いリズムで進んでいたが……。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 今までの日本は、ワールドカップが終わると監督が変わった。外国人監督の時は契約終了と同時に終わりっぱなし帰国して、次の監督に任せていたところもある。でも、今回は日本人の西野監督が指揮を執ったことで、ワールドカップの経験をしっかりと日本サッカーの蓄積に代えてくれると思う。西野監督がどんな立場になるにせよ、良かった点と悪かった点をしっかり分析して、次の代表チーム作りに役立ててほしい。
 
 個人的には監督は誰がやってもいいと思うけど、日本協会は日本人監督で行きたいという意向を持っているようだ。そうなれば、オリンピックの監督とA代表の監督がより緊密に連係を取れるだろう。オリンピック代表の森保監督は今回のワールドカップをコーチとして経験しているからね。いろんな面でプラス要素があるはずだ。
 
 A代表の世代交代を進めるうえで、Jリーグ勢の成長にも期待したいね。今回のレギュラーは昌子ひとりだったけど、彼は十分すぎるくらい良いプレーを見せていたよ。昌子のような存在が、もっとJリーグから出てきてほしい。
 
 いずれにせよ、相当なプレッシャーのなかで選手たちは頑張ってきた。もちろん、スタッフ陣もだ。彼らには心から労いの言葉をかけたい。感動をありがとう。少しの間かもしれないけど、じっくりとリフレッシュして次の目標に向かってください。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ