【松木安太郎】2点リードという未知の世界に、日本代表は冷静さを失った

カテゴリ:連載・コラム

松木安太郎

2018年07月03日

柴崎でも次のワールドカップは30歳。新戦力の台頭は不可欠だ

今回のワールドカップで存在感を見せた柴崎。今後、軸になるのは間違いないだろう。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 逆にそうした”守りの戦術”が出来なかったのは、グループリーグ第3戦のポーランド戦の終盤のパス回しが影響していたのかもしれない。あのプレーで世論が動いたよね。消極的だったとか、紳士的じゃないとか、批判の声も多かった。そういうネガティブな情報が入っていたから、選手たちに「見返してやろう」という気持ちが芽生えていたとしても不思議ではないよ。
 
 2点を追いつかれてから本田と山口を投入したけど、それも裏目に出たと言えるかもしれない。この選手交代で、やっぱり日本は点を取りに行ったんだ。最後のセットプレーの場面が象徴的だよね。吉田や昌子といったディフェンスラインの選手も前線に上がった。終了間近のアディショナルタイムに入っていたにも関わらずだ。
 
 勝負を決めたかった気持ちは分かる。でも、あそこで落ち着いて状況を判断できなかったかな。2点を追いつかれてリズムが悪いのだから、仕切り直しで延長からの勝負を考えてもよかった。日本が2点を取るまでの内容があまりにも出来過ぎていたので、選手たちもイケイケだったんだろう。決勝点を取りに行った結果、逆にカウンターで失点。まさに足をすくわれた格好だ。
 
 ワールドカップで世界と戦う難しさだと言えるかもしれないね。最後にカウンターを食らった場面も、本当の強豪国ならあそこまでリスクを犯さなかっただろう。吉田や昌子が上がったとしても、しっかりとカウンターのケアに人を残して、最低でも延長に持ち込む形を取っておくはずだ。
 
 今回のベスト16は、確かに今までのベスト16とは意味合いが違うかもしれない。でも、結果だけを見ると、結局ベスト16の壁を超えられていないんだ。みんな頑張っていたんだけど、西野監督の言葉のように「何か少し足りなかった」んだろう。
 
 もちろん、今回の経験は凄く大きなもので、選手も監督も貴重な財産を手にしたはずだ。ただ、今後は日本代表のメンバーも変わり、新たな代表チームが作られることになる。来年にはアジアカップがあり、再来年にはオリンピックがあって、4年後には再びワールドカップを迎える。それを考えると、オリンピック世代とA代表が上手く融合できるような体制を作りたいよね。柴崎あたりは次のA代表の中心になるはずだけど、彼にしても次のワールドカップは30歳。新戦力の台頭は不可欠だ。
 
【関連記事】
【セルジオ越後】「惜敗」はなんの慰めにもならない。そこに差があることを認識しないと
【日本2-3ベルギー|採点&寸評】最後の最後でカウンターを許したのは痛恨。ただ、乾のゴールは今大会のハイライトのひとつだ
【ベルギー戦|記事一覧】解説:セルジオ越後、金田喜稔、釜本邦茂、採点&寸評、プレー分析、PHOTOギャラリーetc.
「自己過信が招いた結末」「カガワは模範」仏メディアが日本代表のW杯を総括!【ロシアW杯】
【ベルギー戦|戦評】惜しかったのか? いや、これが日本の限界。褒めるべきはベルギーの底力だ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ