【ベルギー戦|戦評】惜しかったのか? いや、これが日本の限界。褒めるべきはベルギーの底力だ

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年07月03日

日本は2点をリードするまで理想的な試合運びだった

2失点後に高さのあるフェライニを入れてきたベルギーの攻撃に日本は耐えられなかった。(C)Getty Images

画像を見る

[ロシアW杯決勝T1回戦] 日本2-3ベルギー/7月2日/ロストフ・アレーナ(ロストフ)
 
 原口元気は、試合後にこう言った。「力負けだった」と。その通りである。2-0になって以降の試合運びが良くなかったとか、そういうのは結果論だろう。実際、記者席から観るかぎり、試合運びは悪くなかった。
 
 立ち上がりに香川真司がファーストシュートを打ち、そのあとも日本がボールを保持する時間は少しあった。10分過ぎから押し込まれる展開になるも、日本はよく踏ん張った。昌子源、長谷部誠、吉田麻也をはじめ、選手全員が身体を張り、前半を0-0で凌ぎ切ったのは素晴らしかった。
 
 なかでも光ったのがCBの吉田麻也だ。的確なポジショニングとカバーリングでゴール前に壁を作り、ベルギーにあまり良い形でシュートを打たせなかった。ルカクへの対応も丁寧かつ冷静で、前半に限ればパーフェクトに近い出来だった。
 
 早い時間帯にゴールを与えず、膠着状態を作る。アップセットを起こすうえで日本は理想的な状況を作り上げていた。そして、0-0で迎えた48分に原口元気が柴崎岳のスルーパスから右足で先制弾を蹴り込む。これで流れは日本へと傾いた。
 
 焦るベルギーを横目に、その4分後には乾がミドルシュートでチームの2点目を決める。これ以上ない展開で2-0とリードを広げた日本は、その後もしばらく落ち着いた試合運びを見せた。ここまでは完璧だった。
 
 敗因のひとつを挙げるなら、69分にヤン・ヴェルトンゲンにゴールを決められる前に川島永嗣のパンチングミスだろう。あそこで中途半端なプレーをしていなければ、おそらく失点にならなかったはずだ。
 
 1-2になって、日本は流れを失った。この時の状況を長友はこう振り返っている。
 
「正直、向こうは勢いづいたなって。1点取られて明らかに目を覚ましたというか、勢いが全く違って、途中で入ってきた選手、フェライニと22番の選手。相当なフィジカルとスピードがあって、セットプレーもめちゃくちゃ怖かったし、1点で勢いづけたかなと思います」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ