【J1採点&寸評】鹿島1-0浦和|敵将も褒め称えた曽ヶ端がMOM!西川も好セーブで試合を引き締めた

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2018年05月06日

浦和――西川がいなければ複数失点していた

【警告】なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】曽ケ端 準(鹿島)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
浦和 5.5
攻撃陣の奮起がほしかった。好機を作りながらも得点に結実できず。詰めの甘さ、決定力不足に苦しんだ。GK西川の好守によって1失点にとどまったが、マークの受け渡しなど、守備面で連係ミスが散見した。
 
【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 6
PKの失点は致し方なし。76分の金崎、79分の安西のシュートを連続して好セーブ。攻撃陣が不発に終わった試合で孤軍奮闘。
 
DF
6 遠藤 航 5.5
86分に機を見た攻撃参加で前線に上がったが、ボールコントロールをミスし、チャンスを逃す。守備でも後手に回る場面あり。
 
2 マウリシオ 5.5
大きな破綻はなかったが、金崎の動きにつられてゴール前を空ける場面も。味方を動かす統率力を高めたいところ。
 
5 槙野智章 5.5
巧者の遠藤とのマッチアップでは、見応えある駆け引きの場面もあった。しかし、中途半端なクリアが命取りに。
 
MF
27 橋岡大樹 6
ワンタッチパスで攻撃の起点になれば、自らの積極的なプレスで好機をつくり出した。36分の決定機は冷静に決めたかった。
 
16 青木拓矢 5.5
34分のミドルシュートなど、攻撃面で積極性は見せたが、守備では不用意なファウルでPKを与えてしまう。
 
3 宇賀神友弥 5(68分OUT)
縦パスを簡単にDFにひっかけるなど攻撃の流れに乗りきれず。守っても槙野との連係が悪く、同サイドの主導権を鹿島に譲った。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ