「俺がキング」と豪語する堂安律はなぜ、欧州挑戦1年目で“MVP”を獲れたのか

カテゴリ:海外日本人

中田徹

2018年05月02日

守備力が劇的に向上したことがきっかけに。

昨年5月に行なわれたU-20W杯では攻撃のポテンシャルを存分に見せつけた堂安。それから約1年でA代表招集の可能性が伝えられるまでに成長した。 (C) Getty Images

画像を見る


 昨年末、わずか3ゴールに終わったリーグ前半戦を振り返ってもらった時、堂安はこう語っていた。
 
「この半年どうだったんだろうと、今朝計算してみたら出場時間は(カップ戦も含めて)約1100分ありました。1000分以上も出れたのは良かった。自分のような若い年齢でフローニンヘンを選んだのは、試合に出ること、そして高い強度の中でプレーするという理由があった。そういう意味では、意図した通りの前半戦だった。後半戦に向けて良いアップができました!」

 いまから思えば、前半戦の堂安は良い時と悪い時の差がハッキリし、監督としては使いづらい時期もあったはずだ。しかし、後半戦は守備が劇的に向上し、仮に攻撃面で冴えなくても、守備面でチームに貢献できる選手になった。
 

 メガクラブも垂涎のポテンシャルを持つ若手アタッカーに守備力が付けば、監督としては、「出来が悪くても、ピッチに残したくなる」というのが必然だ。それがチームからの信頼となり、堂安の自信につながり、後半戦だけで6ゴールを固め取りする源となった。
 
 エールディビジで33試合中、28試合に出場し、9ゴール・4アシストを記録した今シーズンの堂安。その出場時間2205分も、海外1年目の19歳にとっては手応え十分な“結果”だった。
 
取材・文●中田徹
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ