中島翔哉の元に欧州強豪スカウトが続々! 退団が決まった乾の後釜にエイバルが狙う!?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月02日

ここにきてサウサンプトンやニューカッスルも参戦か

取り沙汰される新天地候補は枚挙に暇がないほど。中島は間違いなく、夏の移籍市場の注目銘柄だ。(C)Getty Images

画像を見る

 ポルティモネンセの日本代表MF、中島翔哉の周辺が一段と騒がしくなってきた。
 
 4月28日のポルトガル・リーグ32節、強豪スポルティング・リスボンとの一戦。4-3-3システムの左ウイングで先発出場した中島は、ゲームを通して精力的に仕掛けては攻撃の急先鋒となったが、チームは89分に痛恨の失点を献上し、1-2の惜敗を喫した。これでポルティモネンセは3連敗となり、中島自身も28節のモレイレンセ戦で1アシストをマークして以来、およそ1か月に渡って得点に絡めていない。
 
 そのスポルティング戦で、中島に熱視線を送ったのが欧州強豪クラブのスカウトたちだ。世界中のスカウト陣の動向をつぶさに追い、数多のメディアに情報を提供しているのが、サッカー専門ツイッターの『Scouts in Attendance』。その発信源によると、同カードで中島の視察に訪れたのは、アトレティコ・マドリー、ニューカッスル・ユナイテッド、サウサンプトン、エイバル、セビージャの各強化担当者だったという。

 
 吉田麻也を擁するサウサンプトンの名が出てきたのは驚きだが、その一方で同胞・乾貴士が籍を置くエイバルには、より現実味があるだろうか。今シーズンいっぱいでエイバルとの契約が満了となる乾は、すでに他クラブへの移籍を明言している。日本人選手の価値を高く評価しているエイバルが、同じく2列目で幅広く機能し、得点センスも兼備する中島に白羽の矢を立てた──としても、不思議ではないだろう。
 
 英国のサッカーサイト『Football Insider247』が追随したのが、ニューカッスルの本気度だ。「ニューカッスルが眩いばかりの輝きを放つ小兵アタッカーを獲得へ」と題し、以下のように報じた。
 
「いまや注目の日本人選手、ナカジマの周りには数多のクラブが列を作っている。この夏のマーケットで人気となるのは間違いなく、そこにマグパイズ(ニューカッスルの愛称)も加わったようだ。5フィート30インチ(約162センチ/実際は164センチ)のドリブラーは、昨年夏にFC東京からポルティモンネンセに加入。瞬く間にポルトガル・リーグを代表するアタッカーへと台頭し、注目を集め続けている。ニューカッスルはチェルシーから借り受けているケネディを買い取りたいが、見通しは芳しくない。失敗した際の次善候補として、ナカジマをリストアップしたのだ」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ