「行かないでくれホンダ!」パチューカ退団を明言した本田圭佑に別れを惜しむ声が殺到!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月02日

日本人カップルへの神対応が大きな話題に

メキシコでドラマチックな1年を過ごした本田。次なる活躍の舞台へどこに!? (C)Getty Images

画像を見る

 日本代表MF、本田圭佑の2017-18シーズンが終焉を迎えた。
 
 4月28日のメキシコ後期リーグ最終節、アトラス戦はスコアレスドローで終了。勝てば上位プレーオフ進出(8位以内)が決まったパチューカだったが、最後まで決め手を欠き、翌日行なわれたゲームでプーマスが引き分けたため、9位でのフィニッシュが確定したのだ。
 
 悲嘆に暮れるパチューカとそのサポーターだが、クラブは5月1日、心温まる動画と画像を公式ツイッターに掲載した。主人公はほかでもない、本田だ。スペイン紙『MARCA』のインタビューに応え、契約満了となる今シーズン限りでパチューカを去ると明言。その直後だっただけに、別れを惜しむファンが練習場に押しかけ、サインと記念撮影をおねだりしていた。

 
 そんななか、動画が映し出したのが、一組の日本人カップルだ。憧れの本田の元に歩み寄ると、カリスマは快く彼ら一人ひとりとの2ショット撮影に応じた。同ツイッターは「これこそがフットボールの素晴らしさだ。彼らはホンダに会うためにはるばる旅してきた。一緒に撮影してもらい、かけがえのない経験をしたのである」と記し、その後のカップルのリアクションもカバー。女性はスマホの画面で2ショット写真を確認すると感涙にむせび、ツイッターも「我らが日本の友人は写真を観て涙していたよ」と綴った。
 
 さらに、メキシコ地元紙『Record』が本田のこのファン対応を大々的に紹介した。「アイドルに会うため、日出ずる国からふたりのファンがパチューカを訪れた」と題し、こうレポートしている。
 
「チームや選手への愛情はボーダーレスで、日本のファンはそれを行動で示した。彼らは1万1300キロの距離を旅して、ケイスケ・ホンダに会いに来たのだ。日本人の女性がホンダと一緒に撮影した画像を見ながら涙する姿は、とてもエモーショナルだった。一生忘れられない瞬間になったことだろう」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ