【選手権】徹底マークのなかで放った輝き!! 今大会のプロ内定選手の活躍ぶりをチェック

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2018年01月09日

3回戦敗退もきらりと光った九州のアタッカーたち。前橋育英DF陣は本領発揮で優勝に貢献。

前橋育英の渡邉は新潟への入団が内定。決勝の流経大柏戦でも攻守両面で能力の高さを示した。写真:徳原隆元

画像を見る

MF
高橋大悟(神村学園→清水エスパルス)
 初戦の秋田商戦、2回戦の昌平戦でともに決勝弾となるゴールを叩き込んだ『屋久島の純真』。秋田商戦のゴールは足下に入ったボールを、ゴールを見ずに感覚で反転シュート。昌平戦はひとりだけ研ぎ澄まされた予測をし、フリーで技術的にもハイレベルなシュートを決めた。高橋にとっては初めての選手権で、彼のプレーを初めて見た人も多いだろう。そして、誰もがそのポテンシャルの高さに驚いたはずだ。惜しくも3回戦はノーゴールで敗れたが、今大会でインパクトを残した選手のひとりだ。
 
FW
佐藤颯汰(日章学園→ギラヴァンツ北九州)
 一瞬の加速力とシュート技術は非常に高いものがあった。初戦の北陸戦で2ゴール、2回戦の佐賀東戦でも先制ゴールを挙げるなど、エースストライカーの責務を果たした。流経大柏との3回戦では「相手の守備は強かった。完敗です」と口にしたが、実際は堅い守備を一瞬のスピードとキレで振り切って、ポスト直撃のシュートを2本放っている。謙虚なストライカーは持ち前のスピードを武器に、まずはJ3のステージでブレイクスルーを狙う。
 
DF
渡邉泰基(前橋育英→アルビレックス新潟)
 左サイドからタイミングの良い仕掛けと、正確なクロスを送り込んで攻撃を活性化させる一方で、今大会は守備の意識が非常に高かった。CBの頻繁なチャレンジ&カバーにしっかりと連動し、中へ絞ったり、ラインを下げたりと、献身的なプレーが光った。
 決勝ではさらにその力が冴え渡り、無謀な仕掛けは一切なく、左サイドを安定させながら、タイミングの良いスプリントとクロスでアクセントを加えた。優勝後、新潟のサポーターからオレンジ色のタオルマフラーを受け取った。次は新潟サポーターの期待を背負ってプロ人生を踏み出す。
 
DF
松田 陸(前橋育英→ガンバ大阪)
 守備の安定感はやはり群を抜いていた。持ち前の空中戦の強さは初戦から発揮され、準決勝ではCKをニアで合わせ、ゴールラッシュの口火を切る先制弾。守っても相手FWに対して前を向かせない堅守を見せる一方で、守備組織が整わない時は間合いを置きながら、陣形が整う時間を作るなど、頭脳的な守備が見られた。
 決勝でも流経大柏の鋭いカウンターに冷静に対応し、CB角田涼太朗とともに、守備組織を統率。堅いディフェンスで失点を許さず、優勝に貢献した。

取材・文●安藤隆人(サッカージャーナリスト)
 
【関連記事】
【高校サッカー勢力図】選手権出場プレーヤー・出身都道府県ランキングを発表!! あなたの出身地は何位?
【選手権】高校サッカー界のトレンドとなるか⁉「史上最弱」の矢板中央を変貌させた指揮官の奇抜なアイデア
【選手権】“松井愛莉”に負けぬインパクト! 弟・蓮之が示した実力と流経大柏・関川に託した思い
【選手権決勝】前橋育英が悲願の初優勝!! 後半AT弾で流経大柏との死闘を制す!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    2022年秋最大の衝撃!!
    ハーランド&
    レバンドフスキ
    完全攻略本
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ