【J1採点&寸評】磐田 2-1 横浜|2得点の川又がMOM。途中出場の上原も好プレーを披露

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2017年10月29日

横浜――守護神が失点につながるミス。だが失点を防ぐ好守も。

【警告】磐田=川又(53分)、小川大(78分) 横浜=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】川又堅碁(磐田)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
横浜 5
伊藤のPKで先制するまでは良かったが、前半のうちに追いつかれ、後半はミスから逆転を許す内容。攻撃の強度を上げようとしたが、簡単にボールを奪われるシーンが散見され、全体的にセカンドボールへの反応も悪かった。
 
【横浜|採点・寸評】
GK
21 飯倉大樹 5.5
バックパスを足もとで処理しようとしたところを奪われて逆転弾を許す。ただ、少なくとも二度のビッグセーブで失点を防いだのも事実だ。
 
DF
23 下平 匠 5.5
周囲のサポートを受けながら、不慣れな右サイドでプレー。アダイウトンの突破には手を焼いたか。
 
22 中澤佑二 5
身体を寄せていたにもかかわらず、最初の失点では川又のシュートを止められなかったのは痛恨だった。
 
34 ミロシュ・デゲネク 5.5
ピッチコンディションがそこまで悪くなかった前半、パスやフィードに乱れ。対人では強さを見せた。
 
24 山中亮輔 6
タイミングの良い攻め上がりから、多彩なクロスで脅威を与える。味方との息の合ったコンビネーションプレーも。
 
MF
8 中町公祐 5.5
広い視野でボールを動かして、守備も精力的にこなす。しかし、デュエルで負けて決定機を作られるシーンもあった。
 
5 喜田拓也 5.5(82分OUT)
体格差のあるアダイウトンに対しても怯まず、球際の勝負で奮闘。攻撃面ではもうひと工夫して、チャンスを広げたかった。
 
【関連記事】
「“水球”みたいだった」豪雨に見舞われた磐田戦、敗将も思わず嘆き節
【磐田】指揮官が最敬礼!名波監督が最大級の賛辞を送った川又堅碁と途中出場の若手MF
【磐田】名波監督も大絶賛。勝点3を引き寄せたボランチ上原力也の躍動感
【横浜】「さすがにオウンゴールかなと」またも決勝点に絡んだ遠藤渓太の充実ぶり
中村俊輔の“無回転FK”を止めた飯倉大樹の駆け引きの妙

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ