【磐田】指揮官が最敬礼!名波監督が最大級の賛辞を送った川又堅碁と途中出場の若手MF

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年10月29日

後半からピッチに立った上原力也のプレーが勝利につながった。

監督就任後、横浜戦初勝利となった名波浩監督。試合後はほっとした表情を見せていた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ31節]磐田 2-1 横浜/10月29日/エコパ
 
 大雨の一戦で就任後初めて、横浜F・マリノスから勝利をもぎとった磐田の名波浩監督。試合後、晴れやかな表情でフラッシュインタビューに応え、「本当に気持ちが入ったゲームだった。就任してから、カップ戦も含めて4回勝てていない相手で、いつも慌てさせることができなかった。今日は先に取ろうと言っていたけど、先に取られてしまって厳しい状況だった。でも、後半は前向きなプレーが増えた」とコメントした。

 
 その中で指揮官が固有名詞を挙げて、賛辞を送った選手がいる。2ゴールの川又堅碁と上原力也だ。

「今日は半分しか出ていないけど、僕自身は上原がマン・オブ・ザ・マッチだと思っている。川又も足が痛い中で、チーム事情から出さないといけないのでよくやってくれている」(名波監督)
 
 とりわけ、上原に関しては指揮官がこの試合の殊勲者と言い切るほどで、「特に上原が入ったことで推進力が出て、崩しのシーンが増えたので非常に良かった」と攻撃面で高評価を与えた。
 
 これでACL出場権争いも現実味を帯びてきた磐田。ここから3週間の中断期間を挟むが、リーグ戦再開後も、名波監督がふたりの活躍を待ち望んでいるのは間違いない。
【関連記事】
【磐田】名波監督も大絶賛。勝点3を引き寄せたボランチ上原力也の躍動感
まるで田んぼのようなピッチ。雨中の決戦を磐田が制す!
ロシアW杯の賞金総額はおよそ450億円! 日本協会はすでに11億円をゲット!
【J2】湘南が1年でJ1復帰! 長崎は自動昇格圏の2位に再浮上
FIFAがついに認めた! 懐かしの「トヨタカップ」が晴れて公式の「世界一決定戦」に

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ