【J1採点&寸評】磐田 2-1 横浜|2得点の川又がMOM。途中出場の上原も好プレーを披露

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2017年10月29日

磐田――PK献上の森下は「5.5」。

【警告】磐田=川又(53分)、小川大(78分) 横浜=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】川又堅碁(磐田)

画像を見る

[J1リーグ第31節]磐田 2-1 横浜/10月29日/エコパスタジアム
 
【チーム採点・寸評】
磐田 6.5
PKで先制される展開も、川又の個人技で前半のうちに1点を返す。後半はスタートから押し気味に試合を進め、前から圧力をかけて相手GKのミスを誘い、川又が再び、ゴール。厳しいピッチコンディションのなか、難しいことはせず、シンプルにボールを蹴って勝利を手繰り寄せた。
 
【磐田|採点・寸評】
GK
21 カミンスキー 5.5
伊藤のPKは一度はストップも、こぼれ球を決められる。それ以外は危ない場面も少なく、しっかりとゴールマウスを守った。
 
DF
3 大井健太郎 6
盤石のカバーリングで守備に安定感をもたらす。最後まで集中力を保ち、後方からチームを引き締めた。
 
5 櫻内 渚 5.5
対峙するバブンスキーや山中らに苦戦を強いられる。攻撃に参加しても、効果的な働きは少なかった。
 
24 小川大貴 5.5
5試合ぶりのスタメン。攻守両面でインパクトを放てなかった一方で、対面の遠藤の突破には粘り強く対応した。
 
35 森下 俊 5.5
自陣エリア内に勢いよく侵入してきた遠藤を倒してしまい、PKを献上。以後は問題なくプレーも、フィードの精度はやや悪かった。
 
MF
8 ムサエフ 6
積極的にシュートを狙ったが、37分にはこぼれ球を拾って強烈な一撃も枠の外。守備では深い位置まで戻り、ピンチを潰した。
 
13 宮崎智彦 6(HT OUT)
自慢のテクニックを駆使して、テンポ良く捌きながら攻守をつなぐ。悪い内容ではなかったが、前半だけで交代を告げられる。

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち♥

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ