【黄金世代】第4回・稲本潤一「2002年初夏、日本全土を揺るがす」(♯5)

カテゴリ:特集

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2017年09月11日

ベンチにいて楽しかったのは、ワールドユースとあの南アだけかな。

中田英寿(最奥)、中村俊輔、小野伸二と奏でた黄金のカルテット。だがジーコジャパンでの日々は「いろいろ難しい、考えさせられた4年間」だったという。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 ジーコジャパンでは、さらにステータスを確固たるものとした。
 
 中田英寿、中村俊輔、小野伸二と奏でた和製・黄金のカルテットは、いまでも語り草だ。だが、稀代のボランチは思い悩みながら取り組んでいたという。
 
「クラブと代表の両立ってところで、いろいろ考えるところはありましたよ。クラブで試合にあんまり出れてない中でも、代表にはつねに呼んでもらえる。そこでの葛藤はあったし、一方で、代表があったからクラブでも頑張れるという気持ちもあった。いろいろ難しい、考えさせられた4年間でしたね。もちろん移動や時差調整の厳しさもあったし」
 
 2004年6月の英国遠征。1-1で引き分けたイングランドとの親善試合で、稲本は左足の腓骨を骨折してしまう。全治3か月。この大怪我の影響もあってフルアムからウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンへ活躍の場を移すのだが、ジーコジャパンでの立ち位置においても、これがひとつの分岐点となる。
 
 稲本不在のなか、チームは酷暑の中国アジアカップで優勝。福西崇史や小笠原満男、遠藤保仁のステータスが一気に上がった。
 
「ジーコさんの考えとしては、レギュラーは順番だと。いっかいそこから落ちると取り戻すのは大変やったし、実際にワールドカップでもレギュラーを奪い切るまでには至らなかった」
 

 迎えたドイツ・ワールドカップ。稲本はグループリーグ初戦のオーストラリア戦をベンチで見守った。ゲーム終盤に攻守両面で瓦解するジーコジャパンを目の当たりにし、なにもできないもどかしさを感じた。
 
「ラッキーなゴールで先制したんやけど、勝ってるだけに難しさがあった試合。ディフェンスラインに怪我人が出るアクシデントに対して、準備が不足してたし、1点取られてからバタバタした。攻めるのか守るのか分からない状況で。僕の出番かなと思ったけど、監督が選んだのはシンジ(小野伸二)。これは点を取りにいくんやなと思った。でも、そのメッセージが伝わってなかったんかな。あの日はものすごく暑くて、冷静に判断できんところがあったんかもしれん。前と後ろのやりたいことが噛み合ってなかった。ディフェンスラインを上げれない状況で、前がどんどん行ってしまってね」
 
 日本は1-3の惨敗を喫してしまう。稲本は第2戦のクロアチア戦で後半頭から、第3戦のブラジル戦では先発フル出場を果たしたが、決勝トーナメントには導けなかった。
 
 4年後、イナは南アフリカの地に降り立ち、3度目のワールドカップを戦う。勢いのまま駆け抜けた2002年、屈辱と敗北感に苛まれた2006年。ふたつの両極端な大会で酸いも甘いも噛み分けた30歳の熟練工は、岡田ジャパンの快進撃を支える、縁の下の力持ちとなった。
 
「ベンチにいて楽しかったのは、ワールドユースとあの南アだけかな」
 
 なかなか味わい深い、名言である。

<♯6に続く>
 
取材・文:川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)
 
※9月16日掲載予定の最終回では、今月18日に38歳の誕生日を迎えるフットボーラーの等身大の姿に迫ります。近未来へのビジョン、日本サッカー&若き後進たちへの提言、指導者に対する関心、そして、いつかスパイクを脱ぐXデーは……。稀代のボランチがファイナルアンサーに答えます。ご期待ください!
 
【稲本潤一PHOTO】語り継がれるべきキャリアを厳選フォトで 1995-2017
───◆───◆───
 
PROFILE
いなもと・じゅんいち/1979年9月18日生まれ、大阪府堺市出身。自宅近くの青英学園SCで5歳から本格的にサッカーを始め、小6までFWや攻撃的MFでプレー。地域選抜に選ばれるなど頭角を現わし、G大阪の誘いを受けて、ジュニアユースチームの第1期生となる。やがてボランチにコンバートされて才能が一気に開花。クラブユース界の横綱として全国にその名を轟かせ、高3でJデビューを飾るなど時代の寵児となる。2001年から活躍の場をプレミアリーグに移すと、アーセナル、フルアム、WBA(半年間はカーディフにレンタル移籍)でプレーし、その後はトルコ、ドイツ、フランスを渡り歩いた。2010年に川崎へ移籍し、日本に帰還。現在、札幌で3シーズン目を戦っている。世代別代表ではエリート街道を突き進んだ。U-17世界選手権、ワールドユース、シドニー五輪と3つの世界大会すべてにエントリーし、2000年2月には21歳でA代表に初招集。02年、06年、10年と3度のワールドカップを戦った。日本代表通算/82試合出場・5得点。Jリーグ通算/256試合・20得点(J1は217試合・19得点)。181㌢・77㌔。O型。データはすべて2017年9月10日現在。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ