【セルジオ越後】柴崎に見る海外移籍の難しさ。欧州に行けば良いってもんじゃない

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2017年02月24日

清武のJ復帰は今後のモデルケールになるかもしれない。

C大阪に復帰した清武(中央)と山口。彼らのように一時、国内へ復帰する選択は今後、増えるのかもしれない。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 今後、海外を目指す選手もいるだろうが、大事なのは自分がどこにいれば成長できるかを見定めることだ。先日、セレッソに移籍した清武は、スペインのセビージャで出場機会を掴めず、古巣への復帰を決めたよね。
 
 僕はこの決断を悪いとは思わない。一般的に海外から帰ってくることはマイナスとされがちだけど、国内でしっかり結果を残し、日本代表で活躍をすれば、再び海を渡るチャンスは訪れるはずなんだ。異国の地でベンチを温め続けるよりも有意義な時間の過ごし方だよ。
 
 それにハリルホジッチ監督は最近、ネームバリューのある選手よりも、クラブでコンスタントに出場している選手を優先して起用するようになっている。それだけに日本代表では本田、香川らがベンチに座り、セレッソに戻った清武や山口がレギュラーを務める可能性は高いんじゃないかな。
 
 海外移籍が一種のステータスになっている現状が、今後は変化するかもしれない。
 
 そもそも、今の若手たちは元気がないから、ヨーロッパからのオファー自体も減るかもしれないね。現に今オフだって話題の中心にいるのはジュビロに移った中村やFC東京に移籍した大久保らベテランばかりだ。
 
 柴崎の移籍は日本サッカー界の“今”を見つめ直す、良い契機になったのかもしれない。
 
【関連記事】
柴崎岳がバルセロナからテネリフェ島に帰還も、不安障害が完治した保証は…
【鹿島】金崎&鈴木で決めたファインゴールの舞台裏
【セルジオ越後】“大物”だった岡野さんは、まさにサッカー界の水戸黄門だよ
【セルジオ越後】J2長崎の1億円以上の赤字に見る、Jリーグの不可思議な風潮
【セルジオ越後】清武のセレッソ復帰は妥当な判断。日本に戻るのは恥ではない
けやき坂46・影山優佳さんが「サッカー愛」、独自の「サンフレッチェ歴代ベスト11」を語る!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ