【セルジオ越後】J2長崎の1億円以上の赤字に見る、Jリーグの不可思議な風潮

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2017年02月10日

短期の資金集めで、四苦八苦しているのかもしれない。

開幕を前に、約1億2000万円の赤字を計上する見込みとなった長崎。この事態を受け、フロントが引責辞任する事態となった。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J2のV・ファーレンが、深刻な経営不振に陥っている。2016年の決算が約1億2000万円の赤字を計上するとの見通しで、これはJ2に昇格してから最高の赤字額になるという。
 
 これを受けて、池ノ上社長が責任を取る形で辞任届を提出し、岩本専務取締役や服部取締役はすでに辞任していて、Jリーグから監査が入っているとの報道もあった。
 
 広告料収入の大幅ダウンや、入場料収入も見込んでいた数字に届かなかったことが、赤字の原因となったようだね。いずれにしても、厳しい現実を突きつけられたというわけだ。
 
『ダ・ゾーン』との大型放映権の契約で、Jリーグの優勝賞金が倍増されるのはポジティブな側面とはいえ、経営に苦しんでいるクラブは少なくないようだ。今回はV・ファーレンがニュースになったけど、たしか2年前には愛媛が粉飾決算で制裁を受けたよね。
 
 ライセンス制度ができて、短期に資金を集めようとしているのか、それが思うようにいかず、厳しい状況に四苦八苦しているのかもしれない。
 
 また、V・ファーレンも愛媛も、J1昇格を視野に入れてシーズンを戦っている部分はあると思う。でも、そうしたビジョンがクラブにとって果たして良いことなのか。上を目指すことが、逆に身の丈に合った経営を圧迫しているのではないだろうか。
 
 海外の下部リーグには、昇格を目標にしないで、地域の若い選手をちゃんと育てて、トップリーグに売却してクラブ運営を安定させていくという文化が根付いているよね。でも、日本はまだその段階にはない。配分金も増えるし、とにかくJ1を、という風潮があるような気がしてならない。
 
 応援するクラブがトップリーグに所属していなくても、週末にスタジアムに行って、試合を見て、友だちの輪が広がって、サッカーをエンジョイする。それで十分に有意義な時間を過ごすことができると思うんだけど、やれ昇格だと煽って、各クラブに無理をさせていたら、それはあまり好ましくない状態だよね。
 
 チームが存続するために、なにをすべきか。優勝を狙うのは別にいいとして、クラブが持てる力の範囲内で戦うべきなんじゃないのかな。無理をして、経営が行き詰り、活動できなくなっては、本末転倒だよ。
 
【関連記事】
JリーグTMの全結果&日程 2/9は横浜×FC東京、清水×松本、金沢×町田…
J1優勝で3年15.5億円を支給! ダ・ゾーン特需による強化配分金の全容が明らかに
浦和が山田暢久氏との業務委託契約を解除。「契約条項に抵触すると思われる点があり…」
【セルジオ越後】清武のセレッソ復帰は妥当な判断。日本に戻るのは恥ではない
【セルジオ越後】欧州移籍が噂される柴崎だけど、インパクトを放ったのは“あの時だけ”だ

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ