【J1採点&寸評】福岡×FC東京|最後の最後に濱田が逆転弾!FC東京は攻撃の札が機能不全で…

カテゴリ:Jリーグ

中倉一志

2016年07月14日

FC東京――橋本とボランチでコンビを組んだ米本は、無難なプレーに終始。

【警告】なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】濱田水輝(福岡)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
FC東京 5.5
個の能力では福岡を上回り、勝負をかけた終盤は、中島、平山、前田ら、豪華なメンバーを投入するも、それぞれの個の能力がチームとしてまとまらず、平凡なサッカーに終始。最下位福岡に逆転負けを喫した。
 
FC東京|採点・寸評】
GK
1 秋元陽太 5.5
大きな問題があったわけではないが、ゴールを守る立場として、2失点はマイナス要素。減点はやむなし。
 
DF
6 室屋 成 5.5
攻撃面では特長を出したとは言い難いが、守備面では十分に評価に値する出来。金森を抑える役割は果たした。
 
3 森重真人 5.5
最終ラインを統率する役割は果たしたと言えるが、攻撃の起点にはなれず。結果としての2失点は重たい。
 
5 丸山祐市 5.5
森重とのチャレンジ&カバーも的確に行ない、全体を見れば大きな問題は抱えていなかったが、2失点は痛い。
 
2 徳永悠平 5.5
サイドの主導権を握る時間帯も多かったが、同点ゴールを喫したのは自らのサイドから。その失点で流れが変わった。
 
MF
7 米本拓司 5
90分間に渡って無難なプレーに終始し、相手に対してインパクトを与えることができず。物足りなさが残る。
 
37 橋本拳人 5.5
一瞬の隙をついた先制ゴールは見事だったが、失点に絡んだほか、邦本をまったく捕まえきれなかった。
 
17 河野広貴 5.5
互いに我慢比べのような展開に攻撃面での特長を生かせず。相手の脅威になるプレーを見せられなかった。
 
38 東 慶悟 5.5(64分OUT)
機能しないチームの攻撃に飲み込まれてしまったかのように、自らの特長も発揮できず。64分で途中交代。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ