【J1採点&寸評】福岡×FC東京|最後の最後に濱田が逆転弾!FC東京は攻撃の札が機能不全で…

カテゴリ:Jリーグ

中倉一志

2016年07月14日

福岡――途中出場のウェリントンが、攻撃のオプションとして抜群に機能。

守備は甘さもあった濱田だが、値千金の決勝点は、それを補って余りある。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

FW
7 金森健志 5.5
サイドに蓋をされ、期待されるようなプレーは出せず。シュートも1本も打てなかった。ただし、危険な香りは十分にある。
 
14 平井将生 5.5
前線からの献身的な守備、裏を狙う動きなど、平井らしさは見せたが、シュート0本は物足りないと言わざるを得ない。
 
交代出場
MF
15 末吉隼也 6(HT IN)
三門のアクシデントにより、急遽交代となったが、スムーズにゲームに入り込み、チームに落ち着きをもたらした。
 
FW
17 ウェリントン 6.5(64分IN)
逆転への攻撃のオプションとして登場。高さを生かして前線の制空権を掌握。チームの逆転勝利の道筋を作った。
 
11 坂田大輔 ―(81分 IN)
流れを呼んだプレーと、試合を終わらせる豊富な経験は見事。ラストプレーで相手のボールを奪った姿には痺れた。
 
監督
井原正巳 6.5
3連敗と結果が出ないなか、メンバーを6人入れ替えて臨んだ試合で、それぞれの特長を最大限に引き出して、今季初の逆転勝利を収めた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ