• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1採点&寸評】大宮×G大阪|大宮の初先発・清水が抜群のキレで存在感。MOMは危機察知の高さを見せた今野

【J1採点&寸評】大宮×G大阪|大宮の初先発・清水が抜群のキレで存在感。MOMは危機察知の高さを見せた今野

カテゴリ:Jリーグ

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2016年07月14日

G大阪――攻守に貢献度の高さが目立った今野をMOMに選出。

【警告】大宮=横谷(38分) G大阪=藤本(73分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】今野泰幸(G大阪)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
 G大阪 6
大宮のパスワークや前線からの絶え間ないプレスに苦戦。ただ、前半途中から主導権を握ると、後半は完全にペースを掴んで、以降は決して離さなかった。フィニッシュの精度不足が引き分けの原因とはいえ、「勝点1をポジティブに捉えたい」(長谷川監督)。
 
【G大阪|採点・寸評】
GK
1 東口順昭 6
所々で集中力を欠いたようなパフォーマンス。52分には大宮のプレスに慌て、ミスキックで相手にボールを渡してピンチを迎える。ただし、68分のピンチでは身体を張ってN・ペチュニクのシュートを阻止。プラスマイナスゼロとした。
 
DF
22 オ・ジェソク 6
序盤こそ対面した泉澤のドリブルに後手に回るシーンもあったが、すぐに対応して突破を許さず。守備で右サイドの安定を生んでいただけでなく、押し込んだ際にはしっかりとサイドハーフを助けるポジショニングを取っていた。
 
5 丹羽大輝 6.5
能力を考えれば決して万全の出来とは言えなかったが、それでも大宮の攻撃を完封。最後まで的確な指示を周囲に与え、時には積極果敢にポジションを上げてボールを奪い取る。ディフェンスリーダーたる姿を示した。
 
6 金 正也 6.5
N・ペチュニクにも怯まず、地上戦でも空中戦でも主導権を握ってボールを撥ね返す。ボールを保持した際には、ちょっとした危なっかしさもあったものの大事には至らず、丹羽とともに無失点で試合を終えたことを最大限に評価した。
 
4 藤春廣輝 6
良くもなく、悪くもなく。大森とのコンビネーションは上々で、攻守で連動しながら締まった試合を演出した。もう少し推進力を生む縦への動きがあれば、自サイドをより掌握できていたはずだ。
 
MF
MAN OF THE MATCH

15 今野泰幸 6.5
日本屈指の危機察知能力がいまだ健在であることを証明。広大なスペースをカバーして、セカンドボールを拾い、防波堤として大宮の前に君臨した。一瞬浮く味方に対して効果的なパスも供給しており、この試合のMOMとして文句ない働きだった。
 
11 倉田 秋 5.5(HT OUT
26分に左サイドでボールを持つとゴールへ向かってドリブルを開始。自身より体格で勝る横山をなぎ倒して決定機を迎えた。ただ、「いつもならもっとボランチの位置でボールを落ち着かせて捌いている」(長谷川監督)と、前半だけでピッチを去った。
 
13 阿部浩之 6(65分OUT
スペースメイクの巧みさが目立つ。48分にはミドルシュートでゴールを狙うなど、積極性も良かったが、65分にチームが見せた見事な崩しのシーンは決めてほしい。この決定機逸が平均評価となった要因に。直後に交代となった。
【関連記事】
【大宮】威風堂々と――山越康平はそびえる壁に挑戦を続ける。
【G大阪】長谷川イズムが復活! 阿部と大森が躍動し、丹羽も手応え「三冠時の感じ」
【G大阪】ニュータイプのボランチ・倉田秋。近い将来、長谷部誠の後釜にもなり得る
【G大阪】「練習は嘘つかへん」遠藤や丹羽がパトリックを称賛!一方の長谷川監督は「調子に乗っては困る」
【G大阪】GK東口が“ポロリ失点”の失態も、丹羽は「ヒガシがやらかす時は勝っている」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ