• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1採点&寸評】大宮×G大阪|大宮の初先発・清水が抜群のキレで存在感。MOMは危機察知の高さを見せた今野

【J1採点&寸評】大宮×G大阪|大宮の初先発・清水が抜群のキレで存在感。MOMは危機察知の高さを見せた今野

カテゴリ:Jリーグ

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2016年07月14日

大宮――清水が抜群のキレ。N・ペチュニクの決定機逸が悔やまれる。

河本は最後まで集中力を切らさず、身体を張ってG大阪の攻撃を封じる。この男の奮闘ぶりは、周囲に好影響をもたらす。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

MF
18
 横山知伸 5.5
大森と倉田の突破になす術なく、26分には身体を当てたが吹き飛ばされて1対1の決定機を与えてしまった。相手のボールの出し入れに対しても、寄せが1テンポ遅くなってしまい、両CBに負担を掛けていた。
 
39 泉澤 仁 5.5(69分OUT
前半こそカウンターとポゼッションに関わらずに観客を沸かせるドリブル突破を見せたが、時間の経過とともに徐々にトーンダウン。連戦の影響か、後半は明らかに疲労の色が分かり、早めの交代になった。
 
FW
9 ネイツ・ペチュニク 5
攻撃ではボールの収めどころになろうと奮闘し、守備では最前線からプレスを敢行。献身性は示したが、52分に相手GKのミスから生まれたチャンスはシュートできず。68分には清水からの絶好のクロスが上がったが、GK正面にボールは飛んだ。
 
14 清水慎太郎 6.5
自身も「調子が良い」と語るように身体のキレは抜群で、今季初となったスタメンで猛アピール。90分をとおしてチャンスを何度も創出していた。36分には横山のクロスを胸でコントロールして右足を振り抜いたが、惜しくもバーに当たって決定機逸に。
 
交代出場
FW
8 D
・ムルジャ 5.5(56分IN
第1ステージ13節・鳥栖戦以来のリーグ戦出場でサポーターから温かい拍手を受けた。しかし、相手にボールを持たれていた事実を勘案してもパフォーマンスは今ひとつ。ストライカーとしての本来の姿ではなかった。
 
MF
10
 岩上祐三 -(79分IN
マテウスと交代して、そのまま右サイドハーフとしてプレー。疲れの色が見えるフィールドプレーヤーに活力を注入することを期待されたが、思った以上の成果は出なかった。キックの正確性も欠いてしまった。
 
4 山越康平 -(81分IN
菊地の負傷によってスクランブルで出場。決して多くないプレータイムだったが、強豪を相手にしても特に気圧されることなく、冷静な判断で急場をしのぎ続けて、シャットアウトにしっかりと貢献した。
 
監督
渋谷洋樹 6
「こういうゲームで勝ち切れないと上位に行けない」という言葉から、手応えとともに悔しさが滲む。前節から数名の選手を入れ替えたが、競争を煽っている効果もあって、質は決して落ちていなかったのは、見事な手腕と言うべきだろう。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【関連記事】
【大宮】威風堂々と――山越康平はそびえる壁に挑戦を続ける。
【G大阪】長谷川イズムが復活! 阿部と大森が躍動し、丹羽も手応え「三冠時の感じ」
【G大阪】ニュータイプのボランチ・倉田秋。近い将来、長谷部誠の後釜にもなり得る
【G大阪】「練習は嘘つかへん」遠藤や丹羽がパトリックを称賛!一方の長谷川監督は「調子に乗っては困る」
【G大阪】GK東口が“ポロリ失点”の失態も、丹羽は「ヒガシがやらかす時は勝っている」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ