【鹿島】媚びずに信念を貫く柴崎岳。渇望する欧州行き、代表定着のために求められるものとは?

カテゴリ:Jリーグ

田中 滋

2016年03月03日

トニーニョ・セレーゾ前監督も指摘したが、柴崎がスタンスを変えることはなかった。

鹿島のトニーニョ・セレーゾ前監督も、柴崎に感情をむき出しにすることを求めた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 柴崎自身には、いつも自分のスタイルを変えることなく結果を残してきた自負がある。
「僕はその監督によって、その監督の好みによって、そこに合わせるように自分を変えてきたわけではありません。だから、いつも同じようなスタンスで、それぞれのチームに戦術の違いはあれど、同じようなプレースタイルで臨んできました」
 
 自分がやっていることは間違っていない、という気持ちは今も変わらない。
「もしかしたら、僕のあまり感情や表情が豊かではないところが、(ハリルホジッチ監督に)そう思わせてないのかもしれない。でも、ずっとこんな感じでやってきましたし、もっと激しく激昂しながらやってくれと言われても、それは急にはできないことでもある」
 
 ただし、それは鹿島のトニーニョ・セレーゾ前監督も指摘したことだった。もっと感情を露わにしてプレーすることを、この激情的な監督も求めたが、2年半ほどの間、柴崎がそのスタンスを変えることはなかった。
 
 しかし、柴崎にとって幸運なのは、そうした柴崎のパーソナリティを理解しつつ、長所を活かそうとする人物が、所属クラブの指揮官に就任したことだ。
 
【関連記事】
【鹿島】誇り高き常勝軍団で定位置を掴むために――若き守護神・櫛引政敏の誓い
【J1】鹿島・石井監督の采配ズバリ! 交代出場の19歳、鈴木優磨がG大阪を沈める決勝ヘッド!
【J1採点&寸評】G大阪×鹿島|途中出場のふたりが絡む“石井マジック”で鹿島が勝利。G大阪はホーム開幕戦で黒星発進
本田が先制点をアシスト! 躍進クラブから5ゴールを奪ったミランがコッパ・イタリア決勝進出を決める!
岡崎のミスショットと指揮官の選択ミスが仇に……ホームで手痛いドロー――レスター 2-2 WBA

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月10日号
    1月27日発売
    通算1500号!
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    現陣容の期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ