【鹿島】媚びずに信念を貫く柴崎岳。渇望する欧州行き、代表定着のために求められるものとは?

カテゴリ:Jリーグ

田中 滋

2016年03月03日

「デュエル」という言葉を多用する指揮官には、柴崎が不適格に見えたのかもしれない。

ハリルホジッチ監督の就任以降、微妙に代表での立ち位置が変わってきた。日の丸を付けてピッチに立ったのは、昨年10月13日のイラン戦が最後だ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 昨季の前半、柴崎のプレーは分かりやすかった。アジアカップにアギーレジャパンの一員として臨み、先発のチャンスこそ巡って来なかったが、準々決勝のUAE戦で値千金の同点弾を決めるなど、目に見える結果を残していた。
 
 その後、ハビエル・アギーレ監督が解任され、日本代表での立場は変わってしまったが、Jリーグで新たなシーズンが始まると圧倒的なパフォーマンスを披露。ひとりで試合を決めてしまうことも、しばしばあった。
 
 しかし、ヴァイッド・ハリルホジッチが日本代表の新指揮官に就任すると、その流れは微妙に変わってしまう。代表に選出されても試合出場がないまま鹿島に戻る回数が多くなり、それに伴って柴崎のコンディションも落ちていく傾向が見られた。
 
 立場を変えてしまったのは、プレーの分かりやすさよりも、人間的な分かりやすさだったのかもしれない。
 
「デュエル」という言葉を多用して球際の戦いを重視するハリルホジッチにとって、表情を変えずに黙々とプレーする柴崎は、感情の読めない選手に映ったようだ。ボランチに、ボールに食らいつき歯を食いしばって闘うことを求めれば求めるほど、柴崎は不適格に見えたに違いない。ゲームメイクが安定しない試合展開でも、決してボランチで起用されることはなく、指揮官の思いと柴崎の思いが交わることはなかった。
 
【関連記事】
【鹿島】誇り高き常勝軍団で定位置を掴むために――若き守護神・櫛引政敏の誓い
【J1】鹿島・石井監督の采配ズバリ! 交代出場の19歳、鈴木優磨がG大阪を沈める決勝ヘッド!
【J1採点&寸評】G大阪×鹿島|途中出場のふたりが絡む“石井マジック”で鹿島が勝利。G大阪はホーム開幕戦で黒星発進
本田が先制点をアシスト! 躍進クラブから5ゴールを奪ったミランがコッパ・イタリア決勝進出を決める!
岡崎のミスショットと指揮官の選択ミスが仇に……ホームで手痛いドロー――レスター 2-2 WBA

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ