【鹿島】媚びずに信念を貫く柴崎岳。渇望する欧州行き、代表定着のために求められるものとは?

カテゴリ:Jリーグ

田中 滋

2016年03月03日

2016年は勝負の年。渇望する欧州行きの実現には、“分かりやすさ”が大事になる。

今季から10番を背負う柴崎は、急性虫垂炎で2月9日に手術を受けるも、驚異の回復力で開幕に間に合わせた。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「思ったよりも良い状態です。開幕戦にも間に合うと思います」
 2月28日の開幕戦まで約2週間という時期に、急性虫垂炎の手術で3日間入院した柴崎岳は、自身の回復具合に手応えを感じ、クラブスタッフやドクターに“行ける”と伝えていた。
 
 さすがに術後1週間あまりしか経過しておらず、ドクターもすぐにはゴーサインを出すわけにもいかなかった。そのことから判断は保留され、さらに1週間の経過を見ることになったが、開幕戦3日前の練習からチームに部分合流すると、翌日からフルメニューをこなし、開幕戦に間に合わせるという離れ業をやってのけた。
 
 2月5日に打ち上げた宮崎キャンプまでは、順調に過ごしているように見えた。期間中、練習場の管理で世話になったスタッフに、自分が使っていたスパイクをそっと手渡し、感謝の意を示す。「おつかれさまでーす」という声はとても軽やかだった。
 
 だが、鹿嶋に戻ってわずかなオフを楽しんだ後、急性虫垂炎が発覚。練習を再開したチームメイトから離れ、9日に手術を受けなければならなかった。
 
 それでも柴崎は、並々ならぬ決意を胸に開幕メンバーに戻ってきた。2016年は勝負の年。渇望する欧州行きを実現させるためにも、結果を示して道を開拓していくしかない。そのためには“分かりやすさ”が大事になる。
 
【関連記事】
【鹿島】誇り高き常勝軍団で定位置を掴むために――若き守護神・櫛引政敏の誓い
【J1】鹿島・石井監督の采配ズバリ! 交代出場の19歳、鈴木優磨がG大阪を沈める決勝ヘッド!
【J1採点&寸評】G大阪×鹿島|途中出場のふたりが絡む“石井マジック”で鹿島が勝利。G大阪はホーム開幕戦で黒星発進
本田が先制点をアシスト! 躍進クラブから5ゴールを奪ったミランがコッパ・イタリア決勝進出を決める!
岡崎のミスショットと指揮官の選択ミスが仇に……ホームで手痛いドロー――レスター 2-2 WBA

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ