• トップ
  • ニュース一覧
  • 「懸念した事態が発生。だが最悪の結果を防いだとも」三笘薫の日本代表離脱にブライトン番記者が見解。不調に野戦病院化...「この状況でミトマを失うわけにはいかない」【現地発】

「懸念した事態が発生。だが最悪の結果を防いだとも」三笘薫の日本代表離脱にブライトン番記者が見解。不調に野戦病院化...「この状況でミトマを失うわけにはいかない」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

リッチー・ミルズ

2023年11月16日

勝てた試合を逃してしまう悪い流れを断ち切れなかった

 三笘を含めたブライトンの攻撃陣は、時にはカウンターから敵ゴールを狙ったものの、数的不利で決定機は作れなかった。そしてスタジアムにはファイナルホイッスルが鳴り響いた。この日も、勝てた試合を逃してしまう悪い流れを断ち切れなかった。

 もしかしたら、三笘を先発させたほうが良かったかもしれないし、怪我をしなかったことを考えれば、45分間のみが正解だったかもしれない。なんにせよ、またも勝利はつかめなかった。

 インターナショナルウィークにより、次戦は11月25日。アウェーでのノッティンガムフォレスト戦となる。ぺルビス・エストゥピニャン、タリク・ランプティー、ルイス・ダンク、ダニーウェルベック、ソリー・マーチ、ジェームズ・ミルナー... 。エバン・ファーガソンについても、デ・ゼルビ監督は「怪我をしている」と話していた。ブライトンの故障リストはとても長く、さらに軽率なプレーで退場したダフードも今後3試合出場停止となることが濃厚だ。
 
 まさに野戦病院状態である。そんな中、チームに欠かせないウインガーは長時間の移動を経て、日本、さらにサウジアラビアで日本代表として連戦に挑む予定だった。だが、怪我のために離脱が発表されている。

 三笘が日本で怪我をしないことを願っていたブライトンのサポーターたちにとっては、懸念していた事態が起こってしまったと言えるし、長期離脱するような最悪の結果を未然に防いだとも言える。

 このチーム状況で、三笘を失うわけにはいかないのだ。

取材・文●リッチー・ミルズ(ブライトン番記者)
翻訳●松澤浩三
【関連記事】
「ミトマにいじめられた」“三笘被害者の会”にまたひとり...チンチンにされた38歳の元イングランド代表がスタメン剥奪の危機「失望させた」
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」
“疲労困憊”の三笘薫がまだ合流できず。日本代表の緊急事態、ミャンマー戦で左サイドを担うのは誰だ?
「エンドウは遅すぎる」遠藤航のプレースピードを英識者が指弾「ひどかったのに起用されて驚いた」
【日本代表の最新序列】三笘、久保、伊東の2列目がついに実現か。板倉を欠くCBは...

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ