• トップ
  • ニュース一覧
  • 「懸念した事態が発生。だが最悪の結果を防いだとも」三笘薫の日本代表離脱にブライトン番記者が見解。不調に野戦病院化...「この状況でミトマを失うわけにはいかない」【現地発】

「懸念した事態が発生。だが最悪の結果を防いだとも」三笘薫の日本代表離脱にブライトン番記者が見解。不調に野戦病院化...「この状況でミトマを失うわけにはいかない」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

リッチー・ミルズ

2023年11月16日

21分間を10人で戦うことを強いられる

日本代表合流後に離脱が発表された三笘。(C)Getty Images

画像を見る

 ブライトンはプレミアリーグで勝ち星から見放されたままである。11月12日の日曜日、本拠地のアメリカン・エクスプレススタジアムで行われたシェフィールド・ユナイテッド戦もまた1-1の引き分けに持ち込まれ、6試合連続で勝利がない。

 出だしは好調だった。サイモン・アディングラがDF2人を抜いてファクンド・ブオナノッテと巧みなワンツーから、最後は敵GKのウェス・フォデリンガムの横を鮮やかに射抜いて先制ゴールを奪う。

 しかしロベルト・デ・ゼルビ監督率いるブライトンは、69分にマフムド・ダフードがベン・オズボーンの左脚を不用意に踏みつけて一発退場。シーガルズ(ブライトンの愛称)は残りの21分間を10人で戦うことを強いられる。

 その数分後に簡単に同点に追いついたシェフィールド・Uは、勢いそのままに逆転勝利を狙ったものの、結果的には引き分けで試合が終了。これにより、ブライトンは16戦連続でクリーンシートなしが確定し、けが人の多いチームは改めて層の薄さが顕著になった。
 
 この日の三笘薫はベンチスタートとなった。9月30日のアストンビラ戦から、直近の7週間はリーグ戦とヨーロッパリーグともに常に先発フル出場してきた。それだけに、ヨーロッパリーグのアヤックス戦で2-0の勝利に貢献した日本代表は、温存されてしかるべき存在だった。

 試合の序盤は、アディングラ、アンス・ファティ、そしてブオナノッテの若い攻撃陣が数を駆けるが脆弱なシェフィールド・Uの守備陣に積極果敢に襲い掛かり、三笘なしでも十分な戦いぶりを示した。

 しかし2週間前のフラム戦でもそうだったように、圧倒的なボール支配率を誇り、シュート数でも対戦相手を上回りながら、デ・ゼルビ監督のチームは追加点を取るのに苦しんだ。前半を終えて1-0。ハーフタイム終了直後、驚くことにイタリア人指揮官は三笘とジョアン・ペドロを投入する。試合を決めるため、勝点3を絶対的なものにするために、早い段階で動いたのである。

【動画】三笘がシェフィールド・U戦で披露した3人包囲網突破のドリブル
 
【関連記事】
「ミトマにいじめられた」“三笘被害者の会”にまたひとり...チンチンにされた38歳の元イングランド代表がスタメン剥奪の危機「失望させた」
「俺はもうサッカーは一切見ない」中田英寿が指摘する現代フットボールの問題点「分かっていない人が多い」
“疲労困憊”の三笘薫がまだ合流できず。日本代表の緊急事態、ミャンマー戦で左サイドを担うのは誰だ?
「エンドウは遅すぎる」遠藤航のプレースピードを英識者が指弾「ひどかったのに起用されて驚いた」
【日本代表の最新序列】三笘、久保、伊東の2列目がついに実現か。板倉を欠くCBは...

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ