• トップ
  • ニュース一覧
  • “疲労困憊”の三笘薫がまだ合流できず。日本代表の緊急事態、ミャンマー戦で左サイドを担うのは誰だ?

“疲労困憊”の三笘薫がまだ合流できず。日本代表の緊急事態、ミャンマー戦で左サイドを担うのは誰だ?

カテゴリ:日本代表

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年11月15日

「自分が思うままに動けている」

14日の練習に参加できなかった三笘。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2026年北中米ワールドカップのアジア2次予選で、11月16日にミャンマー、21日にシリアと戦う日本代表は、初戦を戦う大阪市内で調整を続けている。

 14日の練習がスタートすると、報道陣がざわついた。この日から合流予定だった三笘薫の姿がなかったからだ。

 日本サッカー協会の関係者によると、「疲労が考慮され、ホテルで静養している」という。

 コンディション不良で日本代表の10月シリーズの参加を回避した事実からもわかるように、三笘の疲労が相当溜まっているのは間違いない。所属するブライトンのプレーを見ていても、万全でないのは一目瞭然だ。

 ブライトンがクラブ史上初となるヨーロッパリーグに参戦しているため、“替えの利かない”日本代表アタッカーは、強度の高い試合を週2回こなしている。経験したことがない負荷が掛かっているのは想像に難くない。

 直近のシェフィールド・ユナイテッド戦(1-1。プレミアリーグ第12節)ではついにスタメンを外れた。だが、最下位相手にチームが試合を決め切れないなか、後半頭からピッチに立っている。これがもう少し短時間であれば、通常通り合流できていたかもしれない。

【PHOTO】ついに始まるW杯アジア2次予選、ミャンマー&シリア戦に挑む日本代表招集メンバーを一挙紹介!
 いずれにしても、ミャンマー戦でスタメン出場する可能性はなくなったと見ていいだろう。では、誰が左サイドを担うのか。おそらく相馬勇紀(カーザ・ピア)になるはずだ。

 6月シリーズ以来約5か月ぶりの招集となった相馬は、ポルトガルに渡って、身体が一回りも二回りも大きくなった。しかも、今シーズンはその身体を自由に使いこなせるようになったという。

「(昨シーズンは)自分の身体に鎧をしょいながらプレーしてるから、いい当たり方したら強いけど、当たられ方によってよろけちゃうって感じだった。(今季は)インナーを着てるみたいな。自分が思うままに動けるし、ちょっと体勢崩しながらでも、例えば腕の力が使えたりだとか内側から体幹が使えてる感じがします」

 森保一監督が「よりゴールに仕掛けていく彼の良さと、上下動して攻守に関わる部分を確認して招集した」と選出理由を語ったように、1対1の強さや運動量には定評がある。海外移籍によって逞しさが加わり、柔和な印象だったのが、いわば“戦士”となった。相手がスマートな戦い方をしてこないアジア予選では大切な要素だ。

 三笘が万全でなく、中村敬斗と前田大然が怪我で不在のなか、巡ってきたチャンスを生かせるか。相馬にとっては、来年のアジアカップに向け、生き残りを懸けた試合になる。

取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

「練習をしたことはなかった」鎌田大地、ダービーでのまさかのウイング起用に“本音”「何をしたらいいか...」

​​​​「26人中21人が欧州組」「全ポジションに配置可能だ」森保J、豪華なW杯予選メンバーに韓国メディアも驚嘆!「大活躍中の日本代表選手たちが大挙」

【動画】久保、堂安、遠藤らが続々合流!シュート練習は大盛り上がり!
【関連記事】
「ミトマにいじめられた」“三笘被害者の会”にまたひとり...チンチンにされた38歳の元イングランド代表がスタメン剥奪の危機「失望させた」
「練習をしたことはなかった」鎌田大地、ダービーでのまさかのウイング起用に“本音”「何をしたらいいか...」
「世界的な相手にも堂々とプレーしていた」南野拓実が称賛した“国内組”は?「すごく逞しい、重要な選手」
「彼は最高だ」アーセナル指揮官も絶賛する冨安健洋。評価上昇を本人はどう考えている?「まだまだ...」
「決定力の差かな」伊東純也、目の前で見せつけられた怪物エムバペのハットに何を感じた?パリSG相手に躍動も「元々できると思ってた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ