【浦和】坪井慶介、阿部勇樹、そして“あの人”…。遠藤航が加入記者会見の場で語った「影響を受けた」名手たち

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年02月07日

自分のスタイルを構築するうえで参考にしてきたのは……。

小学生時代からの憧れだった坪井、自身のスタイルを確立するうえで参考にした阿部と、浦和の選手から学んだことは多いという。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 遠藤のサッカー人生において、実は浦和の選手から影響を与えられることが多かった。
 
 まだランドセルを背負っていた小学生時代、走り方をよく真似ていたのが、当時浦和でプレーしていた坪井慶介だった。昨季湘南で一緒にプレーした際には、「ツボさんのようなスピードを武器とするCBはそれまで、ほとんどいなかった。高さや強さだけがDFに求められているわけではないという発見を与えてくれた」と語っていた。
 
 そして中学から高校にかけて、遠藤が自身のスタイルを構築するうえで、参考にしてきたのが、現在浦和のボランチを務める阿部勇樹だった。『サッカーダイジェスト選手名鑑』のアンケートコーナーの「憧れの選手」の欄で、遠藤は常に阿部の名前を挙げてきた。その存在も移籍を決める際のひとつの要因になったのだ。
 
「子どもの頃、阿部選手が代表でプレーしていた時から、センターバック、ボランチ、アンカーと、いろいろなポジションをこなしていた。自分と共通するところがあり、参考にさせてもらってきた。まだあまり話す機会はなかったけれど、プロとしての経験であり、人間性であり、これから話を聞いて学んでいきたい」
 
 守るだけではないDF――ビルドアップや攻撃に加わるようになっていく遠藤にとって、「こういうプレーもできるのか」「ポジションはそこまでこだわりを持たなくていいのか」など、阿部は貴重な“教本”となる存在だった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ