【鹿島】植田直通から溢れ出る自信。アジア制覇がもたらした昨季とは段違いの安定感

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年02月05日

「五輪出場を決めても韓国に負けていたら全然違っていたと思う」(石井監督)

優勝を飾ったU-23アジア選手権を終え、チームに合流早々の先発フル出場。疲れも見せず、プレーからは昨季とは異なる自信が垣間見えた。 (C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 昨季までなら慌てて縦に蹴ってしまっていた場面だ。落ち着いてボールをコントロールしてビルドアップし直す一連の動作に成長の跡が見られた。ピッチ上での落ち着きが視野を広くし、プレーに余裕を持たせる。アジアチャンピオンになって帰ってきた植田直通の姿には、溢れ出る自信が感じられた。
 
 カウンターから1点を失ったことは課題として残されたが、多くの時間でボールを支配し、ゲームをコントロールできたことは、キャンプで狙いとしてきたことがチームに浸透しつつあることを物語る。しかも、2月1日に合流したばかりの植田にとっては、わずか4日しか経っておらず、それでもチームコンセプトを忠実に実践できたことは昨季からの大きな違いだ。
 
 鹿島全体で言えば、昨季はヤマザキナビスコカップを制覇したことが、若い選手たちを大きく成長させた。それまで良い試合はするものの大事な試合を落とし続けた苦い経験が、選手たちに少しの気後れと劣等感を生んでいた。
 
 しかし、タイトルを賭けた戦いで完勝を収めたことにより、やってきたことが間違いではなく、それだけのチームになった自信は選手を文字通り大きくしていた。
 
 ただし、ヤマザキナビスコカップを優勝したところで、当時CBの控えに過ぎなかった植田にとって、なにかを勝ち得た感覚はなかった。試合に出て、自分の手で勝ち取った栄誉でなければ意味がなかった。
 
 だからこそ、U-23日本代表としてアジアを制覇したことは、底知れない自信を植田に与えた。帰ってきた植田を見た石井監督は、そこにいちばんの変化を感じるという。
「自信がついたな、という感じはします。それこそタイトルを獲ることはすごく大きいんじゃないかと思います。あれで出場権は取ったけれど韓国に負けていたら全然違っていたと思います。タイトルを獲った自信はすごくあるはずです」
 
 とはいえ、鹿島でのポジション争いはこれから。植田自身もそのことは重々承知していた。
 
「鹿島でなにかを獲ったわけではないですし、僕自身はここでしっかりスタメンを取って、タイトルを獲りたいと今年は思っている。そのためにも最初からガンガン行きたいと思っています」
 
 予選を通過したとはいえ、リオ五輪のメンバーにもすんなり入れる保証はない。今季鹿島でスタメンを勝ち取ることは、植田にとって多くの意味を持っている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ