【リオ五輪予選】タイ戦・エリア別検証|中盤は遠藤、矢島に存在感。各エリアで競争激化の流れに!

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月17日

【アタッキングサード】エンジンがかかってきたFW陣の組み合わせはどうなる?

待望の先制ゴールを奪った鈴木。2得点の久保、チャンスメイクに奔走したオナイウ、浅野とFW陣はいずれも好パフォーマンスを見せた。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 なによりも大きいのは鈴木と久保に“当たり”が出たことだ。鈴木は45分の出場ながら、ワンチャンスを決め切り、久保は70分からの出場で2ゴール。結果を残したことで、今後ふたりに変なプレッシャーがかかる可能性は低くなるだろう。
 
 また後半から登場したオナイウも出場直後にチームの2点目に絡むなど存在感を発揮した。先発するもノーゴールに終わり、交代時には悔しそうな表情を浮かべた浅野もポスト直撃のシュートを放つなど、動き自体は悪くない。FW陣のコンディションが上がっているのは、チームにとってプラス材料だ。
 
 ただ、組み合わせの点から見ると、タイ戦で先発した鈴木と浅野はともに裏への飛び出しを得意としており、やや窮屈そうに見えるシーンがあった。2トップを組ませるのであればやはり久保と鈴木、もしくはオナイウと鈴木、あるいは浅野など、ポストプレーを得意とする選手と裏へ抜け出す選手の組み合わせが理想だろう。
 
 とはいえ、勝点3を狙いに来るであろう次戦のサウジ戦はさておき、決勝トーナメント以降は、より堅実な試合運びをするチームが多いと考えられ、立ち上がりから頻繁に裏を突くことは難しいだろう。そうなると、浅野はやはり当初の予定通りスーパーサブでの起用が増えるのかもしれない。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ