【リオ五輪予選】タイ戦・エリア別検証|中盤は遠藤、矢島に存在感。各エリアで競争激化の流れに!

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月17日

【ミドルサード】矢島、遠藤が攻守のカギを握る存在に。サウジ戦でさらなるテストが可能に。

タイ戦ではチームの2点目を叩き出した矢島は、右サイドを中心にチャンスを演出。終始攻撃のアクセントとなっていた。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 上々のパフォーマンスを見せたのは矢島と遠藤だ。矢島は高いパス能力と「相手のアンカーの脇を狙った」という絶妙なポジショニングで攻撃を牽引。北朝鮮戦では上手くチャンスを作れなかったチームにリズムをもたらした。
 
 一方、遠藤は守備面で高い働きを示した。「(遠藤)航くんのところで良い潰しがあってすごく助かったし、ああいうプレーがあると自分たちも自信を持ってラインを上げられる」(岩波)と、最終ラインを助け、2試合連続での無失点に大きく貢献。一時はインフルエンザによる調整不足が懸念されたが、まったく問題はないようだ。
 
 決勝トーナメントへ向け、遠藤の完全復活と矢島のハイパフォーマンスはなによりの明るい材料だった。
 
 一方、初先発した豊川と原川には“悪くない”という評価は下せるものの、減点材料も目についた。豊川は2列目からの積極的な飛び出しで攻撃の流れを作ったが、守備面で課題が残り、原川は攻守に奮闘するもラストパスをことごとく相手にカットされた。それぞれマイナス面をどう修正するかで、今後のチームでの立ち位置も変わってくるだろう。
 
 また、今回は出番がなかった大島、中島、15分少々の出場に終わった南野と、第1戦の先発組もこれで黙っているはずもなく、レギュラー争いはより激しくなりそうだ。次戦のサウジアラビア戦ではまだピッチに立っていない井手口、三竿の起用も考えられ、指揮官は理想的な組み合わせを、もう少し時間をかけて探すこととなりそうだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ