• トップ
  • ニュース一覧
  • 【バイタルエリアの仕事人】Vol.22大谷秀和|パサーとしてテンポ良くつないで、受け手の時間を作る。伝えたいのは駆け引きの面白さ

【バイタルエリアの仕事人】Vol.22大谷秀和|パサーとしてテンポ良くつないで、受け手の時間を作る。伝えたいのは駆け引きの面白さ

カテゴリ:連載・コラム

野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

2022年11月30日

マッチアップが難しいのは“見られている感覚”のある選手

対戦して嫌だった選手には中村氏(右)と遠藤(左)を挙げた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 ボランチとして長く戦った大谷は、マッチアップしたなかで最も上手かった選手に、クラブ・ワールドカップで戦ったブラジルのサントスに所属していたガンソを挙げる。

 では、日本人選手では誰が強く印象に残ったのか。

――◆――◆――

 中村憲剛さんや、遠藤(保仁)選手は嫌でしたね。常に駆け引きしてくるので。自分が前で奪いたい時に、常に背中を取ってきますし、しっかり相手を見てプレーを選択しているので、守備側は簡単には飛び込めない。すごく“見られている感覚”があって、嫌でしたね。

 逆に、ボールばかり見ている選手や相手の状態を意識していないプレーヤーが相手だと、ボールに対して奪いに行きやすいですし、狙いやすいですけど、遠藤選手や中村さんはしっかりと相手を見てプレーしているので、守る側として対応している時は、嫌でしたね。

 その意味では、(アンドレス・)イニエスタ選手も一緒ですね。やはり、ボールを見ないで相手を見て、何と言うか“後出しじゃんけん”じゃないですけど、「相手が動いたら、その逆を取って」みたいな。ギリギリまで判断を変えられる技術と目を持っている選手たちは、対峙していて嫌でした。
 
 また、鎌田(大地)選手は鳥栖にいた頃に何度も対戦して、印象が強く残っています。ボールを持った時の姿勢が良くて、常にラストパスを意識して、ゴールに直結するプレーを狙っていました。ボールを持ってもプレーのスピードが落ちなかったですし、前線の選手たちに出すパスが強気で、かつ質も高かったです。

 僕はサッカーをやっているなかで駆け引きすることを、常に意識してきました。それが僕の中では醍醐味でもあり、楽しさでもあったので、指導者になっても追求して、伝えていこうと思います。

 現代サッカーはアスリート能力が高くなってきて、強度が大事という部分もあります。でも、ボールを蹴り始めた時の、相手の逆を取って抜くとか、相手が考えていないプレーで相手を上回るとか。始めた頃の根っこの部分を忘れずに、これからもやりたいなと思います。

 僕が長くプレーできたのも、相手の逆を取るプレーや、相手の考えを逆手にとってという部分が、相手にとっては嫌だから現役を続けられたと思います。そういった駆け引きを楽しむのは、サッカーを見る際に分かりづらい部分ですけど、伝えていけたらなとは、思っています。
【関連記事】
【バイタルエリアの仕事人】vol.10 小野伸二|「僕を目指してはだめ」黄金世代の“天才”が子供たちに伝えたい“努力”の重要性
【バイタルエリアの仕事人】vol.1 遠藤保仁|日本を代表する司令塔は攻守の重要局面で何を見ているのか?
【バイタルエリアの仕事人】vol.3 柿谷曜一朗|ナニワの天才が語る最重要エリアの魅力。手本にしている選手は…
【バイタルエリアの仕事人】Vol.4 江坂 任|日韓戦で待望の代表デビュー!「本能的にプレーしていた」アタッカーに訪れたプロ入り後の転機
【バイタルエリアの仕事人】Vol.19 上福元直人|プロデビューまでの4年間は控えGKだった“神”。ゴール前では味方との協力関係を重視

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ