• トップ
  • ニュース一覧
  • 【バイタルエリアの仕事人】Vol.22大谷秀和|パサーとしてテンポ良くつないで、受け手の時間を作る。伝えたいのは駆け引きの面白さ

【バイタルエリアの仕事人】Vol.22大谷秀和|パサーとしてテンポ良くつないで、受け手の時間を作る。伝えたいのは駆け引きの面白さ

カテゴリ:連載・コラム

野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

2022年11月30日

相手を見て駆け引きできる時間から生まれたベストゴール

大谷は相手DFやGKとの駆け引きを征して決めた得点を自身のベストゴールに挙げた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 攻守の重要局面となる「バイタルエリア」で輝く選手たちのサッカー観に迫る連載インタビューシリーズ「バイタルエリアの仕事人」。第22回は、柏レイソルのMF大谷秀和だ。

 前編では、キャプテンシーやチームメイトへの接し方、10月に急逝したかつてのチームメイトで元日本代表FWの工藤壮人さんへの想いなどについて訊いた。後編では、自身のベストゴールやボランチ論などを掘り下げる。

 まずは、自身のベストゴールについて訊いた。大谷がセレクトしたのは、2017年の第17節・鹿島アントラーズ戦の24分に決めた得点。バイタルエリアを見事に攻略した、クレバーかつ鮮やかなファインゴールだった。

――◆――◆――

 僕が好きなのは、鹿島戦のゴールです。ベストゴールと言っていいと思います。

 一連のボールとの関わり方も含めてのベストゴールですね。相手を見ながらチームみんなで前進していって。一度、クロスが流れましたけど、その後に僕の所に落とされてシュートを打つ時も、キーパーと飛び込んでくるディフェンスの選手をしっかり見て。
 
 飛んだコースは特別に良いコースではないですけど、駆け引きができていました。しっかりキーパーの逆を取っているので、絶対に入る確信もありました。個人的には、駆け引きをずっとしながらプレーしてきました。その駆け引きが、すごく出たゴールかなとは思います。

 シュートを打つ時に、キーパーのクォン・スンテ選手から見て左側に蹴るような身体の向きで蹴ったので、キーパーから見たら、「逆に取られたから、もう反応できない」という感じだったと思います。

 相手選手の逆を取る駆け引きは、僕にとってサッカーをやっていて楽しいと思うポイントです。ゲームの中での駆け引きは分かりづらい部分が多いので、そこをピックアップして説明するのは、難しいです。ただ、あのシーンは「これ」という分かりやすいシーンでした。

 ディフェンスの選手は遅れて飛び込んでくる状況だったので、何とかブロックしようとして足を伸ばしてくると、股は空きますし。そのため、股が空くというのを把握しながらシュートを打ちました。

 クリスティアーノが「シュートを打ってください」というような良いボールの落とし方をしてくれたので、僕の中ではすごく時間があって、ディフェンダーの選手やキーパーの選手をしっかり把握して、駆け引きする時間があったのが良かったなと思います。

【動画】大谷秀和が選ぶ自身のベストゴール!鹿島戦で駆け引きの末に決めたコントロールショットをチェック!
【関連記事】
【バイタルエリアの仕事人】vol.10 小野伸二|「僕を目指してはだめ」黄金世代の“天才”が子供たちに伝えたい“努力”の重要性
【バイタルエリアの仕事人】vol.1 遠藤保仁|日本を代表する司令塔は攻守の重要局面で何を見ているのか?
【バイタルエリアの仕事人】vol.3 柿谷曜一朗|ナニワの天才が語る最重要エリアの魅力。手本にしている選手は…
【バイタルエリアの仕事人】Vol.4 江坂 任|日韓戦で待望の代表デビュー!「本能的にプレーしていた」アタッカーに訪れたプロ入り後の転機
【バイタルエリアの仕事人】Vol.19 上福元直人|プロデビューまでの4年間は控えGKだった“神”。ゴール前では味方との協力関係を重視

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ