【岩本輝雄のJ1ぶった斬り】横浜の“勝利の方程式”と、リズムを狂わせた中野と、不可解なレフェリング

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2015年10月26日

川崎は“左サイド”からリズムを崩していた。

試合には敗れた川崎だったが、内容では横浜を上回っていた。なかでもボランチの大島は効果的な働きを見せ、中盤で存在感を放っていた。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 しかも、横浜にはアデミウソンや齋藤と、単独で局面を前に動かせる選手がいる。飯倉の的確なフィードから、一気に攻守を切り替えて、カウンターを仕掛ける――これもまた、横浜のストロングポイントと言える。
 
 敗れた川崎に関しては、ボランチの大島が効果的な働きを見せていて、中盤の攻防でチームを優位に立たせる活躍ぶりだった。守備では谷口が良かった。特に後半は1点を追いかける状況だから、チームが前掛かりになるのは仕方ないとして、その隙を突いて横浜はカウンターを狙ってきたけど、それにしっかりと対応して追加点を許さなかった。
 
 逆に残念だったのが、U-22代表候補にも選ばれて、最近は注目されているという中野。あえて厳しい言い方をすれば、彼のところから川崎はリズムを崩していた。左サイドは中野ではなく、レナトのような選手だったら、横浜は負けていたかもしれないね。
 
 中野と主に対峙していたのは、横浜の右SB小林だ。小林はあまり高い位置を取らず、深いポジショニングで対応していたから、中野からすれば簡単にペナの中に侵入できていた。
 
 それなのに、これといった仕事ができていなかった。ドリブルが得意みたいだけど、仕掛けがあまりにも一辺倒で、抜き切れずに自滅するか、ラインを割って攻撃を途切れさせていた。
 
 スペースがあったとはいえ、そこまで持ち運べる力があるだけに、もうひと工夫が欲しかった。もっとシンプルにクロスを入れても良かったし、縦ばかりでなくカットインしてから展開するとか、いろんな選択肢があったはず。
 
 絶対的な武器があるわけだから、あとはどれだけ柔軟性を身に付けられるか。そうなってくれば、もっと脅威を与えられる選手になるだろうし、チームのチャンスもさらに増える。なによりも、彼のサッカー人生が広がっていくと思う。
 
 能力は高いだけに、これからの成長に期待したい。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ