【日本代表ボランチの系譜】柱谷哲二から遠藤保仁まで。変移する“ハンドル”の理想形は「遠藤+今野」の資質を持つ人材?

カテゴリ:日本代表

加部 究

2015年10月23日

今後世界と五分に渡り合っていくなら攻守分業制では難しい。

現日本代表で最もハリルホジッチ監督の信頼を得るボランチが長谷部だろう。長年ドイツでプレーして積み上げた経験値は、若手の大いなる手本となる。(C) Getty Images

画像を見る

 逆に第二次岡田武史政権の日本代表は、あまりに大胆な選択をした。遠藤保仁と長谷部誠のコンビは、守備に回る心配が少ないワールドカップアジア予選限定のプランかと見ていたが、本大会直前まで継続し守備の綻びを修正できなかった。どちらも本来は攻撃的な選手で、前任のイビチャ・オシムは遠藤を中盤のサイドで起用している。
 
 結局2010年の南アフリカ・ワールドカップ直前に戦術を見直した岡田監督は、ふたりの後ろにアンカーとして阿部勇樹を配して日本をグループリーグ突破へと導く。ところが後任のアルベルト・ザッケローニ監督は同じ轍を踏み、ようやくブラジル・ワールドカップ前年から改めて遠藤の起用法を模索し始めるのだが、肝心なハンドル部分が定まらずに本大会でも惨敗を喫してしまうのだ。
 
 日本代表のボランチ選びが難しいのは、Jリーグに明らかな国際基準とのギャップがあるからだ。バイタルエリアでの個の仕掛けが限定的で、ボランチが強烈なプレッシャーを受けるケースも少ないJリーグなら、遠藤、中村憲剛、柴崎岳らは守備に穴を開けることなく優雅なパスワークを披露できる。
 
 しかし激しいコンタクトが断続的に繰り返される国際舞台で戦う場合は、大半の監督が彼らを1列前や他のポジションでプレーさせようと考えるはずだ。日本を代表するボランチの長谷部や細貝萌らも、ブンデスリーガではSBに回ることもあった。
 
 現代のボランチには、まさにハンドルという言葉どおりの役割が期待されるようになっている。つまり攻守の展開を読み切り、できればボールを奪い取り、しかも攻撃の起点となって、時には最前線に飛び出す。ここまでこなせるスーパーマンは、さすがに世界を見渡しても限られてくるが、時代とともに当然チーム内でのボランチの重要度は増している。今では守備的MFという枠では収まり切らない多様で質の高い仕事が求められているのだ。
 
 昨年三冠のG大阪は、理想的なボランチのコンビを擁していた。圧倒的な読みでゲームを自在に操る遠藤と、素早い寄せとボール奪取では日本屈指の能力を持つ今野泰幸。今野を欠いても、やはり秀逸な守備力を誇る元日本代表の明神智和が控えていた。
 
 また日本代表の歴史を俯瞰しても、攻撃型と守備型の組み合わせが多かった。だが、今後世界に肉薄していくなら、こうした分業制では難しい。これからは日本も、遠藤と今野の資質を併せ持つ理想のボランチ育成を急ぐ必要がある。
 
文:加部 究(スポーツライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ