• トップ
  • ニュース一覧
  • 【バイタルエリアの仕事人】vol.20 千葉和彦|新潟はプロにしてもらったチーム。サポーターにはJ1で戦っている姿を見せて恩返ししたい

【バイタルエリアの仕事人】vol.20 千葉和彦|新潟はプロにしてもらったチーム。サポーターにはJ1で戦っている姿を見せて恩返ししたい

カテゴリ:連載・コラム

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

2022年09月30日

もちろん目ざすべきところはJ1昇格。でも目の前のことしか考えていない

6年ぶりのJ1復帰へ向け、千葉はまずは目の前の1試合1試合に集中する。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 現在、チームは、リーグでは38節終了時点で首位。直近10試合の戦績は7勝2分1敗で、4連勝中と波に乗っている。今季は残り4試合。2017年に降格を味わって以来、6年ぶりとなるJ1復帰に邁進中だ。

 CBの主力としてチームを支える千葉に、サポーターに対する想いやJ1昇格にかける想いを訊いた。

――◆――◆――

 今季は、悔しかった試合のほうが多かった。そのなかで一番は、開幕前のプレシーズンで負けたセレッソ大阪との練習試合。ボコボコにされて、めちゃくちゃ悔しかったのを覚えています。

 J1クラブとこんな違うのかと。自分たちは、コロナの関係で練習の期間が短かったり、コンディションが整わなかった部分もあるんですけど、それを差し引いても、自分のなかでは差を感じた。
 
 そういった悔しい気持ちが活力となって、現在の順位につながっていると感じています。もちろん目ざすべきところはJ1昇格。でも自分は次の試合でどれだけ良いパフォーマンスを出せるか。それがチームのプラスとなって、1試合1試合、勝利を積み上げられるかどうか、目の前のことしか考えていないです。

 新潟はプロにしてもらったチームですし、初めて自分についてくれたサポーターは新潟の方々なので、その人たちへの恩返しの意味でも、チームをJ1の舞台に戻して、トップリーグで戦っている姿を見せたい。そして、自分たちから主導権を握って、アクションを起こす今のスタイルのサッカーを誇りに思ってほしいし、これが新潟のサッカーだと胸を張って言えるサポーターにしてあげたいと思っています。

 とにかく、自分の良さを出して、「今日は貢献できたな」という試合をどれだけ多くできるか。その積み重ねの末に、J1昇格を掴めれば嬉しいですね。

※このシリーズ了

取材・構成●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)
 
【関連記事】
【バイタルエリアの仕事人】vol.20 千葉和彦|大事なのはいかに味方に“時間とスペース”を提供するか。オランダでの経験が活きている
【バイタルエリアの仕事人】vol.10 小野伸二|「僕を目指してはだめ」黄金世代の“天才”が子供たちに伝えたい“努力”の重要性
【バイタルエリアの仕事人】vol.3 柿谷曜一朗|ナニワの天才が語る最重要エリアの魅力。手本にしている選手は…
【バイタルエリアの仕事人】vol.1 遠藤保仁|日本を代表する司令塔は攻守の重要局面で何を見ているのか?
【バイタルエリアの仕事人】Vol.14 青山敏弘|「もう一度Jリーグで勝負できる選手に…」プロ19年目のワンクラブマンを支えた武器と恩師の教え

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ