【インターハイ総括】決勝戦が象徴的な“中盤のコンビネーション”で違いを生み出した上位校

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2015年08月11日

攻撃の起点となるべき選手を軸に共通理解ができていた久御山。

2シャドーを中心に多彩な攻撃を見せた久御山。チーム全員の共通理解が流れるような攻撃を実現した。写真:安藤隆人

画像を見る

 市立船橋に3回戦で敗れた久御山も中盤のコンビネーションが光った好チームだった。山本蓮と八田陸斗の2シャドーは、イマジネーション溢れるプレーと細かい技術を活かし、常にお互いの距離間を意識してプレーしていた。
 
 2人とも個で打開するだけではなく、周りの使い方をよく理解していて、かつ周囲も彼らの使い方を理解しているのが大きかった。
 
「僕らはボールを奪ったり、後ろでキープしている時、常にふたりを見ている。ふたりに縦パスが入った時が、攻撃のスイッチが入った瞬間だというのを全員が理解しているので、一気に仕掛けられるんです」
 そう語ったのは、最終ラインからチームを支えるCB小森優輝だ。全員がふたりのポジショニングを意識し、彼らを起点とすることで攻撃を加速させる――。そうした共通理解を深めていたのだ。
 
 2シャドーのひとりである山本も「みんなの視野に入りやすいように、スペースをすぐに見つけて落ちたり、アクションをするようにしている」と言い、自らの役割を理解し、いかに活きるかを考えながらプレーしていた。
 
 だからこそ、久御山は分厚い攻撃を展開し、桐光学園、青森山田という優勝候補の連破を実現できたのだ。
 
 2回戦で久御山に敗れた青森山田にも、湘南入団内定のトップ下・神谷優太、高橋壱成と住永翔のダブルボランチという、大会屈指のタレントたちがいたが、この試合では高橋と住永のコンビネーションがまったく噛み合わず、逆に久御山の山本と八田に、自由にプレーさせる時間とスペースを与えてしまった。それが敗因のひとつと言えた。
 
 一方で立正大淞南は中盤の守備の隙を突かれ、準決勝で東福岡に2-5と大敗したが、それ以上に前への強烈な推進力を持つアタッカー陣が、その短所を補っていた。それでも、東福岡の中盤はそのウィークポイントを見逃さなかった。
 
 立正大淞南の強烈な攻撃をいなすと同時に、2シャドーの攻撃力を駆使してショートカウンターで崩すというイメージを全員が共有し、かつ実践できる力を持っていた。だからこそ、強力アタッカー陣を擁する相手との撃ち合いにも勝利できたのだ。
 
 もちろん、中盤のコンビネーションだけが上位進出を可能にした理由のすべてではない。立正大淞南のように、強烈なチームの特徴を前面に押し出して、勝ち上がってきたチームもある。
 
 だが、中盤のコンビネーションはその選手たちが、いかに自らの役割やお互いの特徴を理解し共通認識の下で動けるかで、チームに与える効果は大きく変わってくる。それは、とりわけファイナリストの2チームが強く印象付けたポイントであり、勝敗を分ける要因となることを立証した大会でもあった。
 
取材・文:安藤隆人(サッカージャーナリスト)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ