【オーストラリア戦のスタメン予想】窮地に立つ森保ジャパン。思い切った策は打てるのか?

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2021年10月12日

伊東が出場停止から復帰

試合会場の埼玉スタジアムで前日練習を行う日本代表。選手たちは敗れたサウジアラビア戦後、改善点を話し合ったようだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 最終予選の初戦から3試合連続で柴崎岳&遠藤航のコンビで臨むボランチは、サウジアラビア戦はミスも重なり、リズムを生み出せず。オーストラリア戦は、相手を見てポジショニングでき、柔軟にパスを出し入れできる田中碧や守田英正のパフォーマンスを見たいところ。勝ちにいかなくてはいけないシチュエーションでは、鋭い縦パスやフィードも通せる田中がチョイスされるかもしれない。

 中盤2列目の右では、サウジアラビア戦は累積警告により出場停止だった伊東純也が戻ってくる。一方でトップ下と左サイドの組み合わせはどうなるか。サウジアラビア戦では多くの守備のタスクを担い、攻撃面で思うように輝けなかった鎌田大地、南野拓実を指揮官は信じてそのまま送り出すか。それとも、本来は最前線のほうが生きそうだが、森保ジャパンでは左サイドでの出場がメインになっている古橋亨梧を起用し、攻撃に幅を持たせるか。はたまた南野をトップ下に回すか。相手に合わせていくつかの組み合わせは考えられる。
 そしてCFはやはりチームの中心で、指揮官も信頼を寄せる大迫勇也がスタメンに名を並べるのではないか。オナイウ阿道も控えるが、大迫へのパスを起点に攻撃を構築するパターンも多いだけに、外しにくいキーマンと言えるのだろう。もっとも点が欲しい状況では早めの交代策が必要になるはずである。

 本来であれば、この予想が外れるような、相手が驚くようなスタメン選び、システム変更など大胆な手に期待したいところ。もっとも今はどんな形でも勝利を手にし、少しでも自信を回復することが先決であろう。

「自分たちが積極性を取り戻さなくてはいけない。距離感を取り戻すには、サポートの質を改善しなくてはいけなく、テンポが上がり、パスがつながっていけば自信を取り戻せるのではないか」と吉田も語る。

 大きなプレッシャーを背負いながらアグレッシブにプレーきるか。後がないオーストラリア戦で森保ジャパンはどんなパフォーマンスを見せてくれるか。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
【関連記事】
豪州戦の推奨スタメンは?|逆境に強い姿を何度も見てきた。ここで柴崎を外すことはできない【記者の視点】
豪州戦の推奨スタメンは?|大迫外しは大博打。ハリル流4-3-3のハイプレス戦術がハマりそう【記者の視点】
豪州戦の推奨スタメンは?|腰の引けた戦いは勘弁。古橋、浅野、伊東の「3本の矢」で裏を狙い続ける【記者の視点】
本田圭佑が“一番上手い”と感じた日本人選手は?「パッと出てくるのは…」
「この事件は後味が悪い」吉田麻也を激昂させた差別的行為の“犯人”に驚き。元サウジ代表は「後悔しているだろう」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ