• トップ
  • ニュース一覧
  • 豪州戦までに行なうべきことは? 目を覆うような“貧打”解消のカンフル剤はシンプルなタスクと選手交代

豪州戦までに行なうべきことは? 目を覆うような“貧打”解消のカンフル剤はシンプルなタスクと選手交代

カテゴリ:日本代表

佐藤俊

2021年10月08日

豪州戦へは、コンディションを戻すことに前提に…

限られた時間のなかで、森保監督はどうチームを立て直せるか。(C)REUTERS/AFLO

画像を見る

 攻撃の課題について、長友佑都は試合後、こう語った。

「ボールを獲ってからのつなぎの部分。FWに入ってからの連動が課題です」

 以前はプレスをかけてボールを奪えば、その瞬間に攻撃に転じることができていたが、今はトランジションが遅く、人の動きが少ない。サウジアラビアに持たれ過ぎて、走らされて選手の疲労度が濃くなり、それも動きの鈍さにつながった感があるが、それにしても動きが少なかった。

 また、2次予選の頃はFWにボールが入ると周囲がスムーズに動き出すことができていたが、最終予選になってからは、その連動性が見られない。攻撃陣のユニットが変わらないのに、出力と完成度が落ちているのは、研究されているのもあるが、選手のコンディションとクオリティの問題でもあろう。試合の出場が限定的、あるいは出場回数が極端に減ることで、プレー勘やコンディションにも問題が生じている可能性が高い。
 
 前線のユニットの攻撃力や攻守におけるトランジションのスピードを高めるためには、コンディションを戻すことを前提にして、思い切って選手を代えるか、もしくはシンプルなタスクですべきことを徹底させることが大事だろう。

 お互いの距離を保つ、球際で負けない等々……。攻めているけど、なんか点が入る気がしない。よく守れているけど、ミスから失点してしまう。そのシーンからは、ボール奪取も攻撃も個人で戦っているのが透けて見える。それでは、いくら個の能力が高くても勝てない。空気のような手応えしかないなかでは、カンフル剤としてすべきことを徹底して、愚直に貫き、自信とプレーの精度を高めるしかない。

 この日、解説をしていた宮本恒靖は、ドイツ・ワールドカップ最終予選で個がむき出しになり、チームとして戦えていないことを危惧。バーレーン戦では「球際の厳しさ」を訴え、全員で徹底することで一体感を生み、攻守が噛み合って勝利した。

 過去の代表は、そうしてピンチを乗り越えてきている。

 豪州戦まで時間がないので修正すべきことは限られている。だからこそ、何かひとつを徹底し、一体感と自信を取り戻してほしい。

 まだ、巻き返すことは十分可能だ。

文●佐藤 俊(スポーツライター)

【W杯アジア最終予選PHOTO】日本 0-1 サウジアラビア|ミスから痛恨の失点…攻撃陣も不発に終わり、予選突破に向け痛すぎる敗戦
 
【関連記事】
【日本0-1サウジアラビア|採点&寸評】柴崎がまさかのパスミス。最終予選で痛すぎる2敗目を喫しただけに…
「#サウジアラビアのファンは日本に謝罪します」吉田麻也が激怒した“差別的行為”に敵国でハッシュタグ運動が拡大!「国民の間で怒りの波を引き起こす」
柴崎のバックパスが試合をぶち壊したというよりも…。サウジ戦の敗因は監督の采配にあるだろう【編集長コラム】
サウジ戦の明暗を分けた森保監督の選択… 必要なのは選手に嫌われてでも勝利を奪い切る“非情さ”だ
【セルジオ越後】ハリルの時なら終わっていたが…次に勝てなかったら協会が刺激を与える番

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ