豪州に惨敗の中国が侮れない理由。不気味な帰化組の存在は?【W杯最終予選】

カテゴリ:日本代表

河治良幸

2021年09月06日

アランをスタメンに加え、勝負所でアロイージオ投入の流れか

豪州戦は不発に終わったエウケソンだが、チャンスを決め切る力はある。警戒すべき存在だ。(C)Getty Images

画像を見る

 気になるのは中国のリ・ティエ監督が、オーストラリア戦に出なかったアラン、アロイージオという帰化組のアタッカー二枚を日本戦に起用してくるかどうかだ。オーストラリア戦ではFWエウケソンとDFティアス・ブラウニングという二人の帰化選手が先発起用された。広州恒大(現在の広州FC)や上海上港(現在の上海開港)で活躍してきたストライカーのエウケソンは2019年に中国代表デビュー。現在は不動のエースの地位を確立している。オーストラリア戦は前線で孤立気味だったが、常に危険なポジションを取っており、一本良いパスが通れば決めきる怖さがある。

 英国生まれながら中国にルーツがあるセンターバックのブラウニングも同年に帰化し、2020年に初招集を受けて主力に定着。デュエルの強いユ・ターパオとセンターバックのコンビを組み、守備面でリーダーシップを発揮している様子が見られる。中国がチーム強化のために進めている帰化政策はここまで身を結んでいないのが実情だが、もし日本に負けたら後がなくなってくる状況で、アランとアロイージオを起用してくる可能性は十分にある。

 アランは欧州時代にはザルツブルクなどで活躍し、2014-15シーズンにはオーストリア1部とヨーロッパリーグで得点王をダブル受賞したこともある大型ストライカー。ブラジルの名門サンパウロなどで活躍したアロイージオも強力なストライカーで、良い位置でボールを持てば、組織的に崩せないディフェンスを強引に突破して決めきる能力を備えている。
 
 攻撃面だけを考えるなら、エウケソンとアロイージオの2トップ、左サイドハーフにアラン、右サイドにスペイン1部のエスパニョールに所属するウー・レイを配置するのが、日本にとって脅威度が増す。その分、サイドの守備が心許なくなるので、攻守のバランスを考えている様子のリ・ティエ監督の策としては、アランをスタメンに加えて、勝負所でアロイージオを投入してくる流れか。

 オーストラリアが中国に取れたアドバンテージを日本がそのまま取れると考えるのは危険だ。いずれにしても、この試合を落としたほうが本大会出場をかけた戦いで遅れを取る形になり、監督の去就も取り沙汰される可能性が高い。引き分けに終わったとしても、両国にとって“痛み分け”となるだけに、お尻に火がついた同士の緊迫した試合になることは間違いない。

取材・文●河治良幸

【PHOTO】守田、冨安も本格合流!中国戦に向け調整を進める日本代表を特集!

【PHOTO】オマーン戦を終え、ドーハへ移動!スーツ姿の日本代表選手を特集!
 
【関連記事】
「僕たちを必要以上にリスペクトしていないのは腹立たしい」。初戦黒星で蘇る本田の主張【編集長コラム】
危機感募る中国戦…久保建英は森保Jに新風を吹き込めるか? 鎌田、古橋らとの共存の道は?
「エンドウに必要なのは休息だ」ドイツ紙が“疲労困憊”の遠藤航を懸念「見る影もなく、疲れ切っている」
「3日間ここにいたんだぞ」メッシが異例のブラジル戦延期に怒り! アルゼンチン4選手の国外退去命令に「なぜもっと早く言わない」
「太り過ぎという批判を嘲る」ネイマールが6パック披露で反撃!“ぽっちゃり論争”に終止符

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ