「3日間ここにいたんだぞ」メッシが異例のブラジル戦延期に怒り! アルゼンチン4選手の国外退去命令に「なぜもっと早く言わない」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年09月06日

「トレーニングは許可されていたじゃないか」

キャプテンとして当局の説明を受けたメッシ。(C)Getty Images

画像を見る

 前代未聞の事態に、大エースが怒りを露わにした。

 現地時間9月5日、ブラジルのサンパウロで開催されたカタール・ワールドカップ南米予選の第6節、ブラジル対アルゼンチンの大一番は、キックオフ直後に中断し、そのまま延期となった。

 開始6分頃だった。ブラジルの保健当局の関係者が突然ピッチに入り、ゲームは中断。大混乱のなか、アルゼンチンの選手たちがロッカールームに引き上げ、しばらく時間が経過した後、正式に延期が決定した。

 アルゼンチン・メディア『TyC Sports』などの情報によると、保健当局は、プレミアリーグでプレーするアルゼンチンの4選手、ジオバニ・ロ・チェルソ、クリスティアン・ロメロ(以上トッテナム)、エミリアーノ・マルティネス、エミリアーノ・ブエンディア(以上アストン・ビラ)のプレーを取りやめるよう介入。

 対象の4選手は、ブラジル入りする際、新型コロナウイルスの検疫のために必要な書類を改ざんした疑惑があり、国外退去させる必要性があるという。

【動画】試合が突然中断し、大混乱となるブラジル対アルゼンチン
『TyC Sports』や『Ole』などのアルゼンチン・メディアは、リオネル・スカロー二監督とともに、当局の関係者から説明を受けたアルゼンチンの主将リオネル・メッシは、怒りを隠しきれず、次のように発言したと伝えている。

「僕たちはここに3日間いた。彼らは僕らが来るのを待ち構えていた。なぜもっと早く言わないんだ。なぜホテルに(4選手を)探しに行かなかったのか。トレーニングは許可されていたじゃないか」

 なぜ、キックオフ直後にこのような事態となったのか。納得がいかなかったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「なんて茶番だ」南米最大の大一番は、なぜ開始直後に中止という前代未聞の事態になったのか?
「狂気の真っ最中に懇願」怒りのメッシにユニ交換を求めたブラジル代表選手に脚光! ネイマールではなく…
「太り過ぎという批判を嘲る」ネイマールが6パック披露で反撃!“ぽっちゃり論争”に終止符
メッシに“殺人タックル”を浴びせたベネズエラ代表DFの投稿が炎上!「無謀な行為をなぜ謝罪しない?」
「自分なら絶対にキレていた」古橋亨梧のプレーを元選手が批判「分かってない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ