• トップ
  • ニュース一覧
  • まさかの大不振に陥った大宮が新体制でリスタート! 早速効果が見えた“霜田マジック”に「確実に変わっている」

まさかの大不振に陥った大宮が新体制でリスタート! 早速効果が見えた“霜田マジック”に「確実に変わっている」

カテゴリ:Jリーグ

松澤明美

2021年06月15日

大宮の置かれた状況は依然として厳しいが…

副キャプテンを務める馬渡。キャプテンの三門、もうひとりの副キャプテン石川とともにチームを支える。写真:田中研治

画像を見る

 “霜田マジック”とでも言うべきか。

 さっそく効果が現われた。栃木戦では4-1-4-1と4-2-3-1を併用して流動的に戦いながら、三門が感じた一番の変化を口にする。
「前に前にボールと人も入っていくことができた。(霜田監督からは)とにかくゴールに向かってプレーすると言われている」
 その積極姿勢がチームを目覚めさせるきっかけとなった。

 霜田監督も「非常に短い時間で用意してきたことをトライしてくれた。身体も張ってくれたし、気持ちのこもったプレーができた」と選手の奮闘を評価。具体的なアクション、プレーを伝えることで生まれ変わらせ、「本当に僕が見ていてもちょっと感動するぐらい選手たちがやってくれた」と目を細めた。
 
 栃木戦後、霜田監督は場内を1周してサポーターに挨拶。「勝てなくて申し訳なかった。試合が終わってから勝点1なのにもかかわらず、大きな拍手をいただいた。こういうゲームをやり続けて、皆さんと一緒に戦えれば」。サポーターへしっかりと心を配る異例の対応に今後の期待が膨らむ。

 しかし、大宮の置かれた状況は依然として厳しい。

 栃木戦の引き分けで勝点12となったが21位のまま変わらない。J2残留圏の18位・ザスパクサツ群馬とは同5差で険しき道のりは、まだまだ続く。大山啓輔は「チームの雰囲気、勢いは確実に変わってきている。ここで下を向くことなく、もう一回、盛り上げながら戦っていきたい」と巻き返しを誓う。

 迷路の出口は見えてきた。あとは次節の松本山雅FC戦で好感触を結果につなげること。14試合ぶりの勝利を掴み、上昇機運をがっちりと引き寄せたい。

取材・文●松澤明美(大宮花伝)
 
【関連記事】
J3降格圏に低迷する大宮が体制を一新! シーズン折り返しまでに「一桁順位」を目指し、右肩上がりの逆襲なるか
「ここからのリスタート」J3降格圏に沈む大宮が霜田正浩新監督就任を発表!13日の栃木戦から指揮
【J2】日程・結果
なでしこの重鎮・鮫島彩は、なぜ五輪直前でメンバーから外れたのか。高倉監督の見解は?
鮫島彩ら代表クラスの実力者を積極補強! 女子プロリーグ新規参入の大宮アルディージャVENTUSとは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ