【識者の視点】吉田、冨安を苦しめた看板FWは不在… セルビア戦の大きな発見と測れなかった“世界基準”

カテゴリ:日本代表

加部 究

2021年06月12日

「もし完璧なAチームで来られたら…」

セルビアを率いるストイコビッチ監督。日本のサッカーを讃えたが、ベストメンバーで対戦できていれば異なる結果になっていたとも語った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 それに対しセルビアのストイコビッチ監督は、敢えてこの時期だからこそ指定席を持つFWを休ませて新しい選手のテストを優先した。ユーロへの出場を逃し9月からのワールドカップ予選を睨む状況は、日本と似ている。そして負けず嫌いの指揮官は言った。

「もし完璧なAチームで来られたら違う結果になっていた」
 
 誇張や強がりと決めつけることは出来ない。セリエAで21ゴールと大ブレイクを果たしたブラホビッチ(フィオレンティーナ)やアヤックスで10番を背負うタディッチは、まったくチームの色を変えてしまえる存在だ。彼らが前線にいて脅威を与え続けるだけで、全体のポゼッションにも影響が出てくる。例えば今回日本代表に不在の吉田麻也(サンプドリア)と冨安健洋(ボローニャ)は、シーズンに二度ずつブラホビッチと対戦しているが、どちらのチームも2ゴールずつ奪われた。セルビアも、かつて旧ユーゴスラビア時代に「東欧のブラジル」と呼ばれた頃ほどタレントが溢れているわけではない。ましてチームの看板になる武器を置いて来た以上、この試合から世界基準を探り出すのは難しい。

 客観的に良質な選手層が広がり、アジアの大陸内での優位性を保てていることは見て取れる。ただしそれはワールドカップでのベスト8に近づいている確証にはならない。

取材・文●加部 究(スポーツライター)
【関連記事】
【セルジオ越後】やる気があったのはピクシーだけ…そんな相手に持ち味を出せたのは伊東純也だけ
【セルビア戦|戦評】グッときた国内組ふたりのアピール。川崎の鬼木監督も語っていた谷口のプレーぶり
【日本1-0セルビア|採点&寸評】CB谷口が好印象!!大迫不在のなかでオナイウもアピール 
「絶対に信じられない」「狂気の沙汰だ」久保建英のジャマイカ戦圧巻ゴールに、海外メディア驚嘆!
「特に有能だったのは、11番と…」大敗したジャマイカのコーチが称えた日本の4選手は?「五輪でも善戦すると思う」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ