【識者の視点】吉田、冨安を苦しめた看板FWは不在… セルビア戦の大きな発見と測れなかった“世界基準”

カテゴリ:日本代表

加部 究

2021年06月12日

オナイウは追加招集ではなくむしろ最初から呼ぶべきだった

後半から出場したオナイウは惜しいシーンも作り出した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 バックアップの確認作業としては、十分な収穫を得られた試合と見ることも出来る。

 セルビアが最終ラインに5枚を並べてサイドのスペースを消してきたので、どうしてもダイレクトパスを駆使しての中央突破に偏りがちだったが、チーム全体が焦れずに「前半は我慢」の意識を共有し早めの火消しを努めた。当然我慢はハードワークを伴うわけで、2列目のアタッカーは勤勉にプレスバックを繰り返し、ボランチも汗を流し身体を張って回収した。大きなピンチは一度だけ。終了間際に谷口彰悟が南野拓実に縦パスを入れたところで、ヨヴェリッチに潰されゴール前でフリーのマカリッチに繋がれた。マカリッチのシュートが外れると、この時ばかりはストイコビッチ監督も大きなジェスチャーで悔しさを露にした。

 もし完全にゲームを支配した後半、オナイウ阿道のオフサイド判定がなくカウンターが結実していれば、さらに印象は良くなったはずだ。1-0は辛勝だが、2-0なら手堅い完勝になる。現在日本代表でベストメンバーを選択できているのは、2列目、GK、左SBだが、2列目やGKも五輪後には再び競争開始の号砲が鳴る。レギュラー当確が少ない事情は、チームをほど良く引き締めている。
 
 一方コロナ禍で最終予選が進んでいく過程では、このくらい主力が欠けてしまう可能性も想定しておく必要がある。もちろん24歳以下の選手たちが不在で、今回集まっているのは十分に経験を積んだ選手たちなのだが、それでもアジアの最終予選なら対処可能だという感触は得られた。

 大迫勇也の故障離脱がオナイウの発見という最大の収穫を、五輪代表の活動がこうしてバックアップメンバーの出場機会を呼び込んだことを思えば、いろんな意味で怪我の功名だった。ポスト大迫の一番手は本来なら鈴木優磨だが、なぜか頑なに招集を見送り続ける状況を考えれば、オナイウのポストワークは暗中模索の中で見えた一筋の光明だった。ボールを収めるだけではなく、さらにマークするDFの裏をかくアイデアも豊富なので大化けの可能性も秘めている。所属の横浜での役割とパフォーマンスを考えても、むしろこのシリーズでは追加ではなく最初から招集して、大迫との併用を試すべきだった。
 
【関連記事】
【セルジオ越後】やる気があったのはピクシーだけ…そんな相手に持ち味を出せたのは伊東純也だけ
【セルビア戦|戦評】グッときた国内組ふたりのアピール。川崎の鬼木監督も語っていた谷口のプレーぶり
【日本1-0セルビア|採点&寸評】CB谷口が好印象!!大迫不在のなかでオナイウもアピール 
「絶対に信じられない」「狂気の沙汰だ」久保建英のジャマイカ戦圧巻ゴールに、海外メディア驚嘆!
「特に有能だったのは、11番と…」大敗したジャマイカのコーチが称えた日本の4選手は?「五輪でも善戦すると思う」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ