日本代表に目立ってきた良質な遅咲き。Jリーグは良い年輪の刻み方をしている【識者の視点】

カテゴリ:日本代表

加部 究

2021年06月08日

確かに日本代表のスタメンは大方欧州組で埋まるが…

 スタメンで有力なレギュラー候補は、権田修一、南野拓実、原口元気の3人くらいだった。だが25歳以上で経験を蓄積してきた選手たちは、個々が力むこともなく淡々とやるべきことを遂行し、やがて少しずつ特徴をアピールし始める。川辺も前線に絡むようになり、山根視来は酒井宏樹や室屋成とは異なる組み立ての妙を披露し、坂元達裕のドリブルもJリーグ同様に効果的だった。

 もちろん主力組の層の厚さを考えれば、今後招集や出番がない選手もいるかもしれない。だが同ポジションで上から2人くらいの選手が故障したとしても、いつでも補充が効くことは証明できたし、この試合でプレーしたことが後に重要な意味を持つ選手も出てくるかもしれない。その点でタジキスタン戦は、相手の力量と起用した選手のタスクの重みが適切だった。
 
 確かに日本代表のスタメンは、大方欧州組で埋まる。しかしJリーガーが、それを傍観する立場に甘んじていてはいけない。こうして力不足を自覚しながらも、掴んだチャンスを手放すまいと強烈な危機感を持つ伸びしろのある中堅選手たちが存在する。そしてそんな選手たちにも、代表監督が効果的な刺激を与えていく。底上げしながら頂点を引き上げていくには、そういう構図が必要だ。Jリーグが良い年輪の刻み方をしていると感じるのは、明確な特徴を持つ良質な遅咲きが目立つようになってきたからだ。

 手放しで誉めちぎることはないまでも、久しぶりに意義のある経験と確認が出来た試合になった。

取材・文●加部 究(スポーツライター)

【PHOTO】ともに国際Aマッチ初ゴール!橋本拳人&川辺駿を特集!

【PHOTO】南野との新ホットライン!1ゴール・1アシストと結果を残した古橋亨梧!
【関連記事】
【セルジオ越後】古橋と山根はもっとできたはず。右サイドの違和感が攻めあぐねた原因
あまりにも早すぎる別れ…。Jリーグでも活躍した元韓国代表MF、ユ・サンチョル氏が49歳で永眠
「自分には数字が必要だった」初先発&初ゴールの川辺駿は代表定着に意欲!「毎試合結果を出さないと…」
【日本代表4-1タジキスタン|採点&寸評】大幅入れ替えで評価が難しいゲームに。MOM選びも頭を悩まし…
「日本が完璧な記録をキープ」AFC公式が森保ジャパンの快進撃を称賛!「幸運なことに…」
「橋本の謎決定力」「川辺、狙ってたな」日本代表がタジキスタンに4発完勝! 国内組の奮闘にJリーグファンも興奮

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ