「自分には数字が必要だった」初先発&初ゴールの川辺駿は代表定着に意欲!「毎試合結果を出さないと…」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月08日

終盤の左サイド起用でも多様性を発揮

「徐々に自分のプレーが出せた」とフル出場で、ゴールも決め、手応えを掴んだという川辺。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 6月7日、カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の日本代表とタジキスタン代表の一戦がパナソニックスタジアム吹田で行なわれ、日本が4-1で勝利を収めた。

 古橋亨梧のゴールで日本が6分に先制するものの、直後の9分に左サイドからのクロスをヘディングで押し込まれ、同点にされる。日本は2次予選初の失点を喫する。

 しかし前半終了間際の40分、古橋のクロスから南野拓実がW杯予選7戦連発弾を決め、日本が再びリードを奪う。その後も51分に橋本拳人、70分に川辺駿が加点し、4-1とした日本が、2次予選7連勝を達成した。

 この試合で初先発、初ゴールを記録し、初のフル出場となった25歳のMF川辺は、「毎試合結果を出さないとこのチームに呼ばれることはない。そういう意味では自分には数字が必要だった」と得点シーンを振り返った。

「前半に似たようなシーンがあって、GKが思ったよりつないでくるなと思っていて、奪えればいいなと思っていた。得点シーンも自分の右と左に2枚いたが、うまく弱いボールが来たので前に行くことができた。駆け引きだったり、狙いという部分で非常に良かった」として、「結果が出たことには安心しています」と胸をなで下ろす。

【動画】相手の隙を突いてダメ押し弾!川辺駿の代表初ゴールをチェック!
 
 日本のダブルボランチでは、中盤の大黒柱となっている遠藤航のパートナー争いが熾烈だ。先日のミャンマー戦でもコンビを組んだ守田英正は、この日も交代出場からその存在感を発揮。先発した橋本拳人も得点を挙げており、終盤にはCBの谷口彰悟もボランチで遜色ないプレーを披露している。

 候補者のひとりである川辺はタジキスタン戦の試合終盤に「今までやってきていないポジションだったので、少しやり方が分からなかった」という左のサイドハーフに入り、「中にポジションを取ってチャンスを作るシーンもあったので、とりあえずは良かった」と多様性も見せた。

 ライバルは強力だが、ゴールという結果も残した川辺は、「残り2試合ある」とさらなるアピールに意欲を燃やした。

【PHOTO】ともに国際Aマッチ初ゴール!橋本拳人&川辺駿を特集!

 日本代表は、6月11日に国際親善試合のセルビア戦をノエビアスタジアム神戸で、15日に2次予選の最終戦となるキルギス戦をパナソニックスタジアム吹田で行なう予定だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【セルジオ越後】古橋と山根はもっとできたはず。右サイドの違和感が攻めあぐねた原因
【日本代表4-1タジキスタン|採点&寸評】大幅入れ替えで評価が難しいゲームに。MOM選びも頭を悩まし…
「日本にとっては初失点だが、我々には…」タジキスタン指揮官が語る、“ビッグチーム”から奪った1点の重み
どこかすっきりしないタジキスタン戦。皮肉な形で大迫、遠藤、吉田の偉大さを知らしめてしまった【編集長コラム】
「うまくいかない時間帯があった」日本代表、橋本拳人が川辺駿との“新ボランチコンビ”の出来に苦い表情

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ