「1番ノリに乗っている」稲本潤一が推すEURO大注目選手とは?ヘイセイ薮はリベンジに燃えるタレント軍団をプッシュ

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月25日

「初戦でブラジルとやりたかった」稲本はドイツW杯のぶっちゃけも

Hey! Say! JUMPの薮さんと知念さん(左から2人)は、サッカー選手の激似?のモノマネも披露した。写真:滝川敏之

画像を見る

 続けて行なった優勝国予想では、知念さんと野口氏がポルトガル、稲本がベルギーを選択。そして芸能界随一のサッカー通で、『WOWOW』では『リーガダイジェスト!』と『チャンピオンズリーグダイジェスト!』の両番組でもMCを務める薮さんは、リベンジを誓うタレント軍団をプッシュしている。

「少しチームの過渡期みたいなのを今迎えていると思うんですけど、(ポール・)ポグバを中心とした迫力のあるサッカー、そして試合を決める(キリアン・)エムバぺ、(アントワーヌ・)グリエーズマン、ベンゼマ。ラストピースが埋まり、前回ポルトガルに決勝で惜しくも負けてしまった悔しさもあり、今回並々ならぬ意気込みでEUROに臨んでくると思います」
 
 さらにトーク中、EUROグループステージの話題になった際には、稲本が15年前のドイツ・ワールドカップを回想する場面も。当時のジーコジャパンはグループステージでオーストラリア、クロアチアと戦い、1分1敗の状態で最後にブラジルと相まみえ、1-4で完敗したが、41歳はその試合の順番に悔しさをぶつけている。

「初戦でブラジルとやりたかったなっていう思いはありました。ブラジルって結構尻上がりに強くなっていく印象があるので、やっぱ初戦でやるほうがまだ勝つ可能性はあったかなと。なのでグループステージとかは初戦を勝って勢いに乗るチームがすごい多いと思うから、やっぱり初戦をどう戦うかっていうのが1番のポイントです」

 見どころ満載のEURO2020は、現地時間6月11日にトルコ対イタリアのオープニングゲームで火蓋が切られ、決勝の7月11日までの間に全51試合が実施される予定だ。欧州ナンバーワンの称号を手にするのは一体どの国になるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】海外番記者・識者が選んだ「ポルトガル代表のレジェンド完全格付けTOP10」を厳選ショットで振り返り!
【関連記事】
「正直、日本が羨ましいよ」U-24韓国代表監督が選手招集を巡る“文化の違い”に嘆き節!「勝利すべき国でしかなかったが…」
「一晩中嘔吐していた」浦和の“新プリンス”ユンカー、欧州メディアに入団までの紆余曲折を明かす
致命的なデメリットはない!? “東京五輪中止”なら日本サッカー界にはどんな影響が?「真っ先に肩を落とすのは…」
「タケの攻撃性能を引き出せる」久保建英にお勧めの移籍先は? スペイン人記者が最も推したのは、“恩師”のいる…【現地発】
「今季たった6試合、恐ろしい」S・ラモス&ナチョのEURO招集外、シティDFの選出をマドリー寄りメディアが糾弾!「前代未聞だ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ