「今季たった6試合、恐ろしい」S・ラモス&ナチョのEURO招集外、シティDFの選出をマドリー寄りメディアが糾弾!「前代未聞だ」

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月25日

「プレーした70分ごとに平均1失点」

S・ラモスの選外とE・ガルシアの招集が物議を醸している。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間5月25日、スペイン・サッカー連盟は、EURO2020に臨む同国の登録メンバー24名を発表した。

 最大の驚きが、故障を抱えていたキャプテンのセルヒオ・ラモスの招集外と、その重鎮DFを含めレアル・マドリーの選手が一人も選出されなかったことだ。ワールドカップも含めて主要大会では初めてのケースだという。

 レアル・マドリーの専門メディア『Defensa Central』は、そのS・ラモスと“守備職人”のナチョの選外、そしてその代わりにエメリック・ラポルトとエリク・ガルシアというマンチェスター・シティのCBコンビの招集に首を傾げているようだ。「前代未聞」「意外な招集」「疑念」という言葉を並べ、「驚いた」と綴っている。

 前者は、フランス代表からの“鞍替え”で、今月13日にスペイン国籍を取得したばかりであり、同国の代表ではまだ1試合もプレーしておらず、後者に限ってシティでほとんど試合に出ていなかったからだ。

【PHOTO】海外番記者・識者が選んだ「スペイン代表のレジェンド完全格付けTOP10」を厳選ショットで振り返り!
 ラポルトはそもそもEUROに選ばれる“確約”があったからこそ、国籍変更をしたのだろうから、選出は順当と言える。だが、E・ガルシアのメンバー入りについては、ルイス・エンリケ監督を厳しく指弾している。

「この選手のスタッツは全く良くない。マンチェスター・シティの今シーズンの失点のうち40%は、エリク・ガルシアがピッチに立っていた時に喫している。彼は(プレミアリーグで)6試合しか出場しておらず、うちスタメンは3回しかなかったにもかかわらずだ」

 さらに記事は、「エリクがピッチに立つと、シティは860分間で12失点を喫している。プレーした70分ごとに平均1失点。恐ろしい。これが、ルイス・エンリケがナチョの代わりに選んだ選手なのだ」と続けている。

 今大会は、コロナ禍の特例で登録枠が23→26人に拡大された。にもかかわらず、L・エンリケは、「これでも戦える」として24人しか選ばなかった。マルコ・アセンシオも含め、マドリー勢を除外し、宿敵バルセロナ出身の逸材をセレクトした元バルサ指揮官に、マドリー専門メディアとしては納得がいかないようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
【識者が選ぶプレミアのベスト11】マンチェスター勢から7人を選出! MVPには群を抜いていた24歳DFを
「タケの攻撃性能を引き出せる」久保建英にお勧めの移籍先は? スペイン人記者が最も推したのは、“恩師”のいる…【現地発】
「シティと契約したの?」マンU守護神が披露した“鮮烈スカイブルー”の最新愛車に英紙反応!
「一晩中嘔吐していた」浦和の“新プリンス”ユンカー、欧州メディアに入団までの紆余曲折を明かす
「メッシと一緒にプレーすることになるだろう」ペップ、アグエロの去就をまさかの暴露! 「バルサはますます強くなる」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ