【20-21日本人欧州組ベスト11 vol.5】「MVPは“1対1のキング”で決まり。鈴木優磨よりも南野拓実を評価した理由は…」

カテゴリ:海外日本人

井川洋一

2021年05月19日

CBは板倉も好印象を残したが…

本職ではない左SBでも奮闘した酒井はマルセイユ退団が濃厚視されている。(C)Getty Images

画像を見る

 最終ラインは右に菅原由勢(AZ)を選んだ。今季から正式契約を結んだ20歳の攻撃的なライトバックは、序盤にチャンピオンズ・リーグ予選を経験した後、ヨーロッパリーグでは敵地でのナポリ戦にフル出場し、勝利に貢献。その後はリーグ戦でもレギュラー格となり、鋭い攻撃参加から2度、ゴールを奪っており、そのうちのひとつは決勝点だった。

 逆サイドにはベテランの酒井宏樹(マルセイユ)を選んだ。この31歳の主戦場は右で、左には同僚の長友佑都もいるが、スタッツでも存在感でもこちらが上。リーグ・アン第2節、パリ・サンジェルマンとの敵地でのル・クラシークでは、身を挺して相手のゴールチャンスを防ぎ、1-0の勝利に貢献し、試合終了間際の乱闘時には怒り狂う仲間をなだめた。今季終了後には、浦和レッズへの移籍が濃厚とされ、9年ぶりにJリーグでその勇姿を見られることになりそうだ。

 中央には、オランダでメキメキと成長する板倉滉(フローニンヘン)も好印象を残しているが、やはり守備の国イタリアで奮闘する二人を。22歳の冨安健洋(ボローニャ)は、CBのレギュラーとして今シーズンをスタートさせながら、チーム事情で左にも右にも対応し、選手としての幅をさらに広げている。

 32歳の吉田麻也(サンプドリア)も不慣れなポジション、右サイドバックを何度か任され、のちに優勝するインテルとの一戦では勝利に寄与。GKにはストラスブールで定位置争いを制した38歳の川島永嗣を選んだ。

文●井川洋一(スポーツライター)
 
【関連記事】
東京五輪の登録メンバー18人を識者が大予想!「吉田抜きには戦えない。“雑草”FWのサプライズ招集も…」
【20-21日本人欧州組ベスト11 vol.1】“最高成績”という快挙を達成したふたりを高評価! MVPに選んだのは…
「クボの復帰は明らかだ」久保建英がついにマドリーへ帰還と現地報道!「ジダンの退任が日本人の扉を開く」
「苦しみを味わった」37節で今季初ゴールの久保建英が本音を吐露。“冷遇”指揮官には「プレーできない時も、監督は…」
「サカイを決して忘れない」酒井宏樹の“退団報道”に、現地ジャーナリストが惜別「アジアン・スピリットが好きだった」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ