【サニックス杯ベスト11】すでにプロデビュー済みの俊英から期待の1年生まで――シーズンの前哨戦で輝いた原石たち!

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希

2021年03月26日

昨年の選手権でブレイクした青森山田の成長株を要チェック!

DF
松村晟怜(帝京長岡/新3年)
昨年の夏前にアタッカーからCBにコンバートされると、瞬く間に台頭した左利きのCBだ。足元の技術に長け、ビルドアップや正確なロングフィードの質は高い。また、183センチとサイズにも恵まれており、スピードも水準以上の力を持っている。今大会ではチームも最下位に終わり、自身も思うような結果を残せなかった。「もっと自分で前に運べるようになって欲しい」とは谷口哲朗総監督の言葉。相手のプレッシャーを外しながら前に持ち上がれるようになれば、繋ぎのスキルはさらに向上するはずだ。1対1の対応も含めて課題と向き合っていけば、高卒でのプロ入りだけではなく、世代別代表にも安定して呼ばれるはずだ。

辻 耕大(東福岡/新3年)
左足から繰り出す高精度のキックと、アップダウンを何度も繰り返す運動量が光る攻撃的なSB。チームは12チーム中7位に終わったが、左サイドを駆け上がって何度もクロスを入れ、セットプレーでも相手DFとGKの間に質の高いボールを入れ続けた。また、身体能力も高く、ロングスローの飛距離も水準以上。ゴール前にライナー性のボールを入れ、決定機を作る場面も数多くあった。近年は全国の舞台で結果を残せていない“赤い彗星”。チームを復活させる上で、背番号3の活躍は欠かせない。
 
MF
宇野禅斗(青森山田/新3年)
昨年度の高校サッカー選手権でブレイクした逸材だ。選手権後には高校選抜の一員として、デンソーカップで大学生とのゲームを経験。上のレベルで戦える自信を得て挑んだ今大会は、中盤の底でタスクを全うした。U-18日本代表の松木玖生(新3年)がトップ下に近い位置にポジションを取ったなかで自身は守備的な役割を担い、持ち前の鋭い読みとポジショニングの良さでチームに貢献。19日の鳥栖戦ではプレミアリーグWESTに参戦する相手に対し、素早い読みで攻撃の芽を詰んだ。高卒でのプロ入りを目指す成長株から今後も目が離せない。

森 一琉(サガン鳥栖U-18/新1年)
フェルポール愛知から鳥栖にやってきた期待の1年生MFだ。3月上旬に入寮し、合流当初はプレースピードなどに戸惑っていたが、今大会は4−3−3のアンカーで出場機会を掴み好プレーを連発。鋭い読みを生かしたインターセプトで相手の仕掛けを防ぎながら、攻撃では正確なパスで起点となった。中学時代はナショナルトレセンやエリートプログラムなどに選出されており、プレミアリーグWESTなどで高いレベルを経験すれば、さらなる成長が期待できる。
 
【関連記事】
Jクラブも注目の怪物ルーキーに、優勝校・国見の1年生10番も…タレント目白押しの「九州新人戦」で輝いた11人!
サガン鳥栖からまた超新星! U-24代表選出の中野に続く16歳アタッカーが、サニックス杯で見せた格の違い
中学時代は無名の控え選手が高校年代屈指のGKに! 大成高の守護神バーンズ・アントンが高卒プロ入りを掴むまで
目標の存在はU-24日本代表の守護神。サニックス杯決勝進出の広島ユースを牽引するGK波多野崇史に注目!
J1で躍動する兄の背中を追って。レジェンドの薫陶を受ける鹿島ユースの垣田将吾が高校最後の1年に懸ける想い

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ